消防設備士試験の難易度や合格率を知りたい! 勉強法・教材を紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

消防設備士試験の難易度や合格率をご存じですか?
デパートやホテルなどの建物は、その用途や規模、収容人数に応じて消防用設備を設置する義務があります。
そういった設備の工事や整備を行うためには消防設備士の資格が必要になるのです。
甲種消防設備士や乙種消防設備士の資格をとるためには、どうしたらよいのでしょうか。
試験日や難易度、勉強法についてご紹介します。

  • 消防設備士の試験に適したテキストや参考書とは?
  • 独学で合格することは可能なのか?
  • 過去問題を勉強する必要はあるのか?

そんな疑問にお答えします。


1.消防設備士試験の難易度と合格率

1-1.消防設備士試験の難易度

消防設備士試験は、国家試験の中でも比較的難易度の低い資格と言われています。
筆記試験は、電気だと中学2年生で習う内容、機械は高校1年生で習う内容です。
消防法についても高校生でも分かる内容であるため、全体的に見て非常に取得しやすい資格であると言えるでしょう。

1-2.消防設備士試験の合格率

消防設備士試験の合格率は、甲種では30%前後、乙種では40%前後となっています。
取得資格によって多くの学科免除を受けることができるため、取得は容易と言えるでしょう。
合格基準は、科目ごとに40%以上かつ、全体の60%以上の成績を収め、さらに実技試験で60%以上の成績を収めれば合格となります。
ただし、免除科目が多い場合、総出題数が少なくなり、1問あたりの比重が大きくなってしまうことがあるのです。
そのため、得意な科目はあえて免除しないという選択肢もあるでしょう。

12