消防設備士の資格は就職に有利って本当!? 求人が多い業界はどこ?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

消防設備士は、不特定多数の方が利用する施設で消防設備の整備・点検・工事などを行うために必要な国家資格です。取得すれば、消防設備の設置や定期点検を専門に行う会社のほか、ビルメン(ビルメンテナンス業務)の会社かからも求人があります。転職や就職のために資格を取得したいと考えている方も多いことでしょう。
そこで、今回は消防設備士の求人や就職状況について解説します。

  1. 消防設備士の基礎知識
  2. 消防設備士の就職について
  3. 消防設備士の資格取得方法
  4. 消防設備士の求人や就職に対するよくある質問

この記事を読めば、消防設備士を活用できる職場などもよく分かるでしょう。消防設備士の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.消防設備士の基礎知識

はじめに、消防設備士とはどのような資格かということを解説します。資格区分などはどうなっているのでしょうか?

1-1.消防設備士とはどのような資格?

前述のとおり、消防設備士は消防法で設置が義務づけられている消火器設備・警報設備・避難用具などの設置工事や点検・整備などを行うことのできる資格です。不特定多数が利用するオフィスビルや商業施設、学校や病院・ホテルなどは消防設備の設置と定期点検が義務づけられていますので、消防設備士の有資格者を欲しているところも多いでしょう。また、消防設備の設置や点検を各所から請け負っている企業も、常に有資格者を求めています。

1-2.消防設備士の種類

消防設備士には甲種と乙種があり、甲種は取得した類に分類されている消防設備の設置工事と点検・整備を行う事ができます。乙種は、消防設備の点検と整備を行うことはできますが、設置工事は行えません。なお、甲種は特類と1~5類・乙種は1~7類までの資格区分があります。乙種6・7類には消火器や漏電火災警報が指定されており、これらは設置工事の必要がありませんので、甲種の6類・7類は定められていないのです。

なお、乙種は受験資格が定められておらず、誰でも資格試験を受けられ、合格すれば資格取得ができます。甲種の場合は、乙種を取得して一定期間の実務経験を積むか、電気工事士などの資格を取得していれば資格試験の受験が可能です。詳しくは試験を主催している消防試験研究センターのホームページを確認してください。

1-3.消防設備士の仕事

消防設備士の仕事は、消防設備の設置や点検・整備を行います。また、安全管理者や衛生管理者と協力して、防災計画や災害が起きた際の避難計画などを立てることもあるでしょう。さらに、消防設備の知識を生かして避難訓練の計画を立てたり実施したりすることもあります。
このほか、消防署と企業の橋渡し的なことをすることもあるでしょう。

1-4.消防設備士を取得するメリットなど

不特定多数が利用する設備では、消防法によって消防設備の定期点検が義務づけられています。消防設備士の有資格者が行わないと「定期点検」とは認められません。ですから、取得しておくと前述したような職種や企業への就職・転職に有利です。また、消防設備士の資格と共に電気工事士や危険物取扱者の資格を取得しておけば、仕事の幅がさらに広がるでしょう。

12