消防の資格について知りたい。種類や取得するとできることとは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

消防設備とは、消火器や火災報知器など火災が発生した場合、被害を最小限に食い止めるための機器です。不特定多数が利用するビルや商業施設などには消防法によって設置が義務づけられています。また、消防設備は専門の資格を持っていなければ、点検や整備・設置はできません。そのため、資格を取得すれば転職や就職に役立つことでしょう。
そこで、今回は消防設備に関する資格の種類や取得方法を解説します。

  1. 消防の資格とは何か?
  2. 消防設備士の資格を取得する方法について
  3. 消防の資格に関するよくある質問

この記事を読めば、消防設備に関する資格についての知識はバッチリです。消防設備士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.消防の資格とは何か?

はじめに、消防設備に関する資格について解説します。どのような資格があるのでしょうか?

1-1.消防設備とはどのようなもの?

消防設備とは、消火器・火災報知器・避難器具・スプリンクラーなど、火災を可能な限り早く察知し、初期消火や避難に役立つ機器のことです。消防法によって、不特定多数が利用する一定以上の床面積を持つ施設には設置が義務づけられています。消防設備は、使わないに越したことはありません。しかし、使わないまま年数だけが経過していけば、消防設備は劣化してしまいます。そこで、定期的に整備や点検を行うことが必要です。

1-2.消防設備に関する資格とは?

消防設備に関する資格には、消防設備士があります。1966年に設けられた比較的新しい資格であり、取得すれば、消火器設備・警報設備・避難用具などの設置工事や点検・整備などを行うことが可能です。消防設備士には甲種と乙種があり、甲種は設置工事・点検・整備を行うことができます。乙種は整備と点検だけを行うことができる資格です。消防設備士は資格区分が多く、甲種は特類と1~5類・乙種は1~7類に分かれています。資格区分ごとに設置工事・点検・整備を行うことのできる消火設備が決まっているため、必要に応じて資格を取得し続ける必要があるでしょう。ちなみに、現在のところ「これさえ取得すれば、すべての消火設備の設置工事・点検・整備がすべて行える」という資格区分はありません。

消防設備士の資格を取得すれば、消防設備点検資格者の認定講習を受講する資格も得られます。消防設備点検資格者とは、消防設備の点検を行うことができる資格であり、消防設備士の資格を併せ持つことで、取得した資格区分以外の消防設備の点検を行うことが可能です。消防設備点検資格者は特殊・一種・二種の3種類があり、3日間の講習を受ければ取得できます。講習の詳細については、日本消防設備安全センターのホームページを確認してください。

1-3.防火対象物点検資格者について

防火対象物とは、不特定多数が利用する施設や山林・船舶などです。2001年に発生した新宿区歌舞伎町ビル火災を契機に、2002年に消防法が一部改訂され、新たにに防火対象物定期点検報告制度が設けられました。それを受けて、日本消防設備安全センターが、防火対象物点検資格者講習を開始します。修了した人には防火対象物点検資格者の資格が与えられ、以下のような建物で、防火対象物定期点検を行うことが可能です。

  • 収容人数が30人以上の建物で、地階があるか、3階以上の建物
  • 収容人数30人以上の建物で、階段が1つつくもの
  • 特定防火対象物(ホテル・オフィスビル・商業施設・老人ホーム・劇場など)で、収容人数が300人以上の建物

防火対象物点検資格者講習は、消防設備士や防火管理者・建築設備士・消防職員・消防団員として一定の実務経験を得ていれば受講できます。
詳しくは、日本消防設備安全センターのホームページを確認してください。

2.消防設備士の資格を取得する方法について

さて、前項の解説を読めばお分かりいただけると思いますが、消防に関する資格は、まず消防設備士の資格を取得することが大切です。消防設備士の資格を取得すれば、消防設備点検資格者の認定講習の受講資格が得られます。さらに、一定の実務経験を積めば、防火対象物点検資格者講習を受講することも可能です。この3つの資格を併せ持てば、ビルや商業施設・学校・地下街など防火対象物の消防に関する点検や整備はおおよそ行えるでしょう。転職や就職にも大変有利です。この項では、基本となる消防設備士の資格取得方法を解説しましょう。

2-1.消防設備士の資格を取得するには?

消防設備士は、消防試験研究センターが主催する試験を受けて合格すれば取得できます。講習などを受けても取得することはできませんので、注意しましょう。乙種に受験資格は定められていません。性別や年齢・職歴や学歴問わずに受験することができます。
甲種は、

  • 乙種を取得して一定の実務経験を得る
  • 大学や短大・専門学校で土木・電気・工業化学・建築にかんする学科を卒業する
  • 電気工事士の資格を取得している

ことが受験の条件です。

2-2.試験科目について

消防設備士の資格試験は、

  • 消防関係法令
  • 基礎的知識
  • 消防用設備等の構造・機能・工事(甲種のみ)・整備
  • 製図(甲種のみ)・鑑別等の実技試験

以上の4科目になります。実技試験もありますが、筆記試験です。何かを組み立てたり実際に点検の実務を行ってそれを評価したりする試験ではありません。乙種・甲種ともすでに資格を取得し、違う類を受験したいという場合は、試験の一部が免除になります。ただし、乙種の資格を取得している方が甲種を受験する場合、科目免除はありません。逆も同じです。また、電気工事士の資格を取得している場合も、試験の一部が免除になります。

2-3.試験の申し込み方法など

初めて試験を受ける場合は、消防試験研究センターのホームページから電子申請を行えば便利です。すでに資格を取得しており、さらに別の資格区分を取得したい場合は、試験科目免除のために、添付書類が必要になります。この場合は、最寄りの消防署で配布されている願書をもらって必要事項を記入し、センターへ送付しましょう。受験料は甲種が5,000円、乙種が3,400円です。

なお、消防設備士の試験は、都道府県によって試験日が異なります。どの都道府県でも最低で年2回は試験日があり、東京などの大都市では、毎月試験が行われているため、比較的受験しやすいでしょう。試験は、全国どこで試験を受けてもかまいません。試験の詳しい日程はセンターのホームページに記載されていますので確認しましょう。

2-4.各種講習について

消防設備点検資格者と防火対象物点検資格者の認定講習は、日本消防設備安全センターが主催しています。消防設備点検資格者の講習は3日間、防火対象物点検資格者の講習は4日間です。仕事をしながら受講したい人は、職場の理解を得ましょう。講習は1年を通して、全国で行われています。受講料は防火対象物点検資格者が38,000円・消防設備点検資格者が31,800円です。各種条件を満たせば受講料は割引になるので、詳しくはセンターのホームページを確認してください。また、受講の申込用紙もホームページからダウンロードできます。

2-5.勉強方法のコツ

消防設備士は人気の資格なので、各種参考書が販売されています。なお、消防設備士の試験問題は持ち帰ることが禁止されており、過去問題も日本消防設備安全センターのホームページで一部しか公開されていません。ですから、過去問題と称して販売されている問題集は実質は予想問題集です。しかし、問題の傾向を知ることはできますので、参考書と共に購入し、くり返し解いておきましょう。SATでも、消防設備士の教材を扱っています。テキストのほか、専門の講師による講義を収録したDVDやeラーニングもついていますので、効率よく合格に必要な知識が身につけられるでしょう。

3.消防の資格に関するよくある質問

Q.消防設備士の乙種ならば、学生でも取得できますか?
A.はい。可能です。電気工事士の資格を持っていれば甲種も受験できます。

Q.消防設備士の試験は、年に何度も受けても大丈夫ですか?
A.はい。大丈夫です。消防設備士の難易度は、甲種・乙種共に平均で30%前後と決して高くはありません。1度不合格になったくらいで諦めず、何度か挑戦してみましょう。

Q.消防に関する資格は、更新が必要だと聞きました。
A.はい。すべての資格は5年ごとに、更新を目的とする講習を受ける必要があります。

Q.どの資格区分を受験してよいか迷ってしまいました。
A.就職したい職場が決まっている場合は、そこに設置してある消防設備の点検や整備が行える資格がおすすめです。

Q.資格区分による難易度の違いはありますか?
A.多少はありますが、極端に違うことはありません。おおよそ同じです。

4.おわりに

いかがでしたか? 今回は消防に関する資格について解説しました。資格を取得すれば、ビルの設備管理などの仕事に就くときに有利です。また、消防設備の販売などをしている会社からも一定の需要があるでしょう。ぜひ、挑戦してみてください。