防火対象物と特定防火対象物の違いとは?どんな場所が指定されるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

いつ、どこででも起きる可能性のある災害、それが火災です。
現在は、多くの方が長時間利用する建物も増え、一度火災が起こると大きな被害が出やすいところも少なくありません。
そこで、今回は防火対象物や特定防火対象物についてご紹介しましょう。
これらは、消防法で定められた「火災が起きると大きな被害が出ると想定されるので、防火設備をしっかりと準備しておくように」という施設のこと。
いったいどのような場所が指定されるのでしょうか?
答えは、この記事を読めば分かりますよ。