防火対象物と特定防火対象物の違いとは?どんな場所が指定されるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

いつ、どこででも起きる可能性のある災害、それが火災です。
現在は、多くの方が長時間利用する建物も増え、一度火災が起こると大きな被害が出やすいところも少なくありません。
そこで、今回は防火対象物や特定防火対象物についてご紹介しましょう。
これらは、消防法で定められた「火災が起きると大きな被害が出ると想定されるので、防火設備をしっかりと準備しておくように」という施設のこと。
いったいどのような場所が指定されるのでしょうか?
答えは、この記事を読めば分かりますよ。

  1. 防火対象物とは?
  2. 防火対象物の種別とは?
  3. 防火対象物に指定された建物の管理とは?
  4. 防火対象物の点検作業とは?
  5. おわりに

1.防火対象物とは?

防火対象物とは、前述したように消防法で定められた「防火設備をしっかりと設置しておかないと、火災が起きたときに被害者が出る可能性がある」という場所です。
その定義を法律から抜粋すると「防火対象物とは、山林または舟車、船きょもしくはふ頭に繋留(けいりゅう)された船舶、建築物その他の工作物もしくはこれらに属するものをいう」となります。
つまり、人が生活したり長期滞在したりする可能性があるところすべてです。
もちろん、このような場所全部に防火対策ができれば、それに越したことはありません。
しかし、実現はとても難しいでしょう。
ですから、防火対象物にも種別を設けて防災設備を必ず設置しなければならない場所と、それ以外を区別しているのです。
では、種別はどのようになされるのでしょうか?
それを次の項目でご紹介します。

12