耐火構造と防火構造、このふたつの違いとは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建物の基準に、「耐火構造」や「防火構造」というものがあります。
その字面から、「火事になりにくい建物なのだ」ということは、想像がつくでしょう。
しかし、耐火と防火の違いは?と聞かれるとよく分からない、という方も多いと思います。
そこで、今回は耐火構造と防火構造の違いやそれぞれの特徴をご紹介しましょう。
このふたつは、似ているようで、ずいぶんと違うのです。
また、土地によっては建物の構造が定められている土地もあります。
興味がある方や建築物環境衛生管理技術者の方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 耐火構造と防火構造の違いとは?
  2. 耐火構造と防火構造のメリット、デメリットとは?
  3. 防火地域と準防災地域とは?
  4. 建築物環境衛生管理技術者の防火に対する任務とは?
  5. おわりに

1.耐火構造と防火構造の違いとは?

まず始めに、耐火構造と防火構造の違いをご説明しましょう。
それぞれの構造に使われている建築材料などもご紹介します。

1-1.耐火構造とは?

耐火構造とは、建物内部で火災が起きた際に建物の倒壊や、周囲への延焼を防ぐ造りの建物のことです。
もう少し具体的に説明しましょう。
日本では、火災が起きると消し止められるまで、平均して30分~3時間かかります。
ずいぶん時間に開きがありますが、平屋の一戸建てから高層ビルまですべての建物の平均値なのです。
ですから、耐火構造は建物によって、30分~3時間の耐火性能が求められます。
ちなみに、耐火構造とは、建築基準法によると、壁・柱・床・その他の建築物の部分の構造のうち、耐火性能を有する鉄骨造、レンガ造その他の構造のことです。
壁、床、柱が耐火性能であれば、たとえ室内で火事が起きてもそれ以上火が燃え広がることはありません。
また、学校や不特定多数が利用するビルなどに備えつけられている防火扉も、耐火構造のひとつなのです。

1-2.防火構造とは?

防火構造とは、建物の周囲で火災が起きたときに、延焼を防ぐ構造をしている建物のことです。
都市部では、隣家との距離がほとんどないという地区も珍しくありません。
そのようなところでは、1軒から火災が発生すると次々と燃え移ることもあるでしょう。
特に、日本の一戸建ては木造住宅が多いので、一度火事が発生すると延焼しやすいのです。
昭和の終わりころまで、延焼による大火災はたびたび発生していました。
耐火構造は、外壁や軒裏を防火性の材料を使って造られます。
つまり、建物の外側に防火性の高めるのです。
柱や床、壁などを防火性の材料を使う耐火構造とは、真逆になります。

12