消防設備士の義務講習はなぜ必要なのか? 免許取り消しを防ぐために!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

消防設備士の義務講習についてご存じでしょうか? 消防設備士とは、消防用設備の工事や点検、整備を行う上で必要な国家資格です。資格を取得するためには試験に合格する必要があり、特に甲種は難易度の高い試験と言えます。この資格を持っているとさまざまな現場で活躍することができ、就職や転職にも大変有利になるでしょう。そのため、非常に受験者の多い試験となっています。この資格を取得していると一生安定した仕事を得ることができると言われていますが、定期的に講習を受ける必要があることを忘れないようにしましょう。講習を受けないと後から困ったことになるため、詳しく把握しておく必要があります。この記事では、義務講習を受けるための方法や免許更新などについてご紹介しましょう。

  1. 消防設備士とは?
  2. 消防設備士の就職
  3. 消防設備士の義務講習
  4. 消防設備士の免許取り消し
  5. 消防設備士の義務講習に関するよくある質問

この記事を読むことで、消防設備士として活躍していくために必要なことがわかります。安心して職務に就くことができるように、ぜひ参考にしてみてください。


1.消防設備士とは?

まずは、消防設備士という資格について解説します。関連する法律やその資格の目的、業務などにはどのようなものがあるのでしょうか。

1-1.定義

ビルや施設などに設置されている消火器や感知器などは、消防法で指定された「消防用設備」にあたります。こういった設備を点検、整備、工事するために必要なのが消防設備士の資格です。消防法で定められた国家資格であり、さまざまな現場で役立ちます。

1-2.関連する法律とは?

この資格に関連する法律は消防法です。消防法は火災を予防し、国民を火災から保護するとともに、災害による被害を軽減することなどを目的としています。消防設備士として働く上で、消防法について詳しく把握しておく必要があるでしょう。

1-3.なぜ必要な資格なのか?

昭和40年、日本で消防設備士の制度が始まりました。この時代にはホテル火災やビル火災が多発し、消防法が改正されたのです。その中で、消防設備士の必要性についても考え直されました。消防設備の安全を守るためにも、消防設備士は重要な職務と言えるでしょう。

1-4.役割と業務とは?

消防用設備は、劇場やデパート、ホテルなどいたるところに設置されています。その用途や規模に応じて消火栓設備やスプリンクラー設備、自動火災報知設備などが設置されており、その工事や整備を行うのは消防設備士の仕事です。また、消防用設備は消防法により、定期的な点検が義務づけられおり、この点検も大切な業務になります。つまり、消防設備士の役割とは消防用設備を安全に取り扱える状態にすることであり、その労働環境や年収については勤め先によって異なるということを覚えておきましょう。

1-5.資格の種類を紹介

消防設備士には「甲種」と「乙種」があり、仕事内容が大きく異なります。

1-5-1.甲種

甲種は消火用設備の工事、点検、整備を行うことができる資格です。第1類~第5類および特類に分類され、それぞれ行うことができる業務が異なります。

  • 第1類:屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、屋外消火栓設備
  • 第2類:泡消火設備
  • 第3類:不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備
  • 第4類:自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備
  • 第5類:金属製避難はしご、救助袋、緩降機
  • 特類:特殊消防用設備

1-5-2.乙種

乙種は第1類~第7類に分類され、1~5類は甲種と同じです。

  • 第6類:消火器
  • 第7類:漏電火災警報器

乙種は甲種と違って工事はできません。整備と点検だけ行うことができる資格です。