消防設備士資格はビルメンテナンス業に役立つ? その理由や活用法を解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビルメンテナンス業界に就職する場合は、消防設備士の資格を取得しておくと有利といわれています。ビルメンテナンス業とは、文字どおり、商業ビルやオフィスビルなどの整備・点検・管理などを行う仕事です。なぜ、消防設備士の資格を取得しておくと有利なのでしょうか?

そこで、今回は消防設備士の資格がビルメンテナンス業に必要な理由や、消防設備士の資格を取得する方法をご紹介します。

  1. ビルメンテナンス業に関する基礎知識
  2. ビルメンテナンス業に必要な消防設備士の資格について
  3. 消防設備士の受験方法や勉強のコツ
  4. ビルメンテナンス業や消防設備士に関するよくある質問

この記事を読めば、ビルメンテナンス業に就く方法や消防設備士の資格を取得するための勉強方法なども分かるでしょう。ビルメン業界に就職したい方や消防設備士の資格を取得したい方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.ビルメンテナンス業に関する基礎知識

はじめに、ビルメンテナンス業の仕事内容や求人の状況など、ビルメンの基礎知識をご紹介します。どのような仕事なのでしょうか?

1-1.ビルメンテナンス業とは?

ビルメンテナンス業(ビルメン)は、商業ビルやオフィスビルなどで

  • 設備管理
  • 清掃
  • 警備

などを行う仕事です。安全で清潔的に利用者がビルが使用できるようにビル全体を管理する仕事、といえば理解しやすいでしょう。小さなビルならば数人で、大きなビルの場合は数十人がかりで行います。とはいえ、ビルメンテナンス業に就いている人だけで、すべての業務を行うわけではありません。清掃業務は清掃業者に依頼し、設備管理も修理や定期点検は専門業者に依頼するところが大半です。それでも、毎日の見回りやちょっとした修理・苦情処理・テナントが入退室する際の手続きなど、やるべきことはたくさんあります。

1-2.ビルメンテナンス業は楽な仕事?

かつて、ビルメンテナンス業は定年退職をした方が再就職をして行う仕事、というイメージがありました。待機時間が長く、ビルメン業務に就く方も年配者が多かったので、そのようなイメージが生まれたのでしょう。しかし、今は経費削減の影響もあり、外部に委託する業務は最低限にして、できることは自分たちで行うというところが増えています。そのため、資格を持っている若い年代の方を進んで採用する会社が多いのです。決して座ってばかりの楽な仕事ではありません。

1-3.ビルメンテナンスの仕事に就く方法とは?

ビルメンの仕事に就くには、あちこちのビルから管理を請け負っている専門の会社に入社をするか、自社ビルをたくさん所有している会社の管理部門に入社するのが一般的です。「ビルメンテナンス業務(ビルメン)求人」でインターネットを検索すると、求人もたくさん出てくるでしょう。無資格、無経験でも可という求人もありますが、有資格者を優遇するというところが大半です。

1-4.ビルメンテナンス業に就くために必要な資格とは?

ビルメンテナンス業に必要な資格というと、真っ先に建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)があげられます。しかし、この資格は難易度が高い上に受験資格として実務経験が必要なので、取得するのがなかなか大変です。まったく関係のない業種から転職する場合は、

  • 電気工事士
  • ボイラー技士
  • 冷凍機械責任者
  • 消防設備士
  • 危険物取扱者乙種4類(危険物乙4)

を取得してビルメンテナンス業に就く方が多いでしょう。これらの資格を取得すれば、ビルの電気設備・空調設備・消防設備などの保守点検や工事を行うことができます。危険物乙4の有資格者は、暖房用などに灯油を多量に保管してあるビルに管理者として必要です。

12