【合格確実】消防設備士は過去問攻略がカギ! 資格を確実にゲット!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

消防設備士の資格取得を考えている場合、過去問攻略が大きなカギとなります。試験に合格するためには、傾向をつかんでしっかりと対策をする必要があるからです。過去問は、最高の教材と言えます。今回は、消防設備士の資格取得を目指している人や、過去問について知りたい人のために詳しく解説しましょう。確実に資格をゲットするためにとても有益な内容です。まずは、じっくり読んでみてくださいね。

  1. 消防設備士とはどんな資格?
  2. 消防設備士の就職について
  3. 消防設備士の資格について
  4. 消防設備士の試験について
  5. 消防設備士の過去問について
  6. 消防設備士の試験や過去問に関するよくある質問に回答

記事を読み終えるころには、消防設備士や資格試験について正しい知識を身に付けることができます。また、過去問を効率よく活用する方法がわかるため、合格できる可能性が高まることでしょう。本気で資格取得を目指しているなら必見です。必ず役に立つ内容ですから、参考にしてください。


1.消防設備士とはどんな資格?

消防設備士とはどんな資格なのか、基本を学びましょう。定義や歴史だけでなく、目的や必要性など幅広く解説します。

1-1.消防設備士の定義や歴史を学ぼう

消防設備士は、消火設備や警報設備・避難設備などの設置工事や点検整備を行います。災害を未然に防止し、発生時の拡大化を防ぐために存在する資格です。消防設備士の制度は、1965年4月から開始となりました。1965年当時は、高度成長期を経て大規模なビルやホテルなどの建築物が増加した結果、大きな火災も増えた時期に当たります。火災発生を重く見た政府は、消防設備を確実に設置することが急務と考え消防設備士制度の開始に至ったのです。

1-2.消防設備士に関連する法律

消防設備士は、消防法第17条の3の3と第17条の5が根拠法令となります。1965年の消防法改定により、消防設備士が消防用設備の工事と整備を行うことが義務となりました。消防設備士の資格を持っていない者が職務に当たることは、法律違反です。消防設備士は、消防法の意図する火災予防に関して大きな意味を持っています。

1-3.消防設備士の目的や必要性について

消防設備工事や整備をするためには、消防設備士の資格取得者が行うことになっています。消防設備は、火災予防および火災発生時の速やかな対応のために設置するものです。正しい知識を持っていることが、安全を守るためにも必要不可欠となります。そのため、消防や消防設備に関する深い知識を習得している消防設備士の必要性は高いのです。

1-4.消防設備士の役割や義務を理解しよう

  • 消防設備の工事(甲種)
  • 消防設備の整備
  • 消防設備の点検

消防設備士は、免状に記載のある種類の消防設備において、上記の内容を実施することができます。真面目にに職務に当たり、火災予防に努めることが義務です。

1-5.消防設備士の受講義務とは

消防設備士は、免状を受けた後に規定の講習を受ける必要があります。消防設備を安全に扱うためには、常に最新の知識と技術を身に付けることが必要です。講習は、消防設備士としての職務を正しく行うためのものだと理解しましょう。初回は、免状を受けた後、最初に迎える4月1日から2年以内に受けてください。初回講習を受けた以後も、最初に迎える4月1日から5年以内ごとに受けましょう。詳しくは、下記もご覧ください。

消防設備点検資格者等 に係る講習の受講期限 の改正