消防設備士として働きたい! 志望動機の書き方のコツはあるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

消防設備士とは、消防法で設置が義務づけられている消火器設備・警報設備・避難用具などの設置工事や点検・整備などを行うことのできる資格です。消防設備の設置が義務づけられている施設や、消防設備の点検を請け負っている会社に常に一定の需要があるため、就職や転職に有利と、学生から社会人にまで人気があります。
今回は、消防設備士の資格を取得し、それを活用して働く際に必要な、志望動機の書き方を解説しましょう。

  1. 消防設備士の基礎知識
  2. 消防設備士を取得するメリットと就職先について
  3. 消防設備士の志望動機の書き方
  4. 資格取得のための勉強方法など
  5. 消防設備士に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、就職や転職活動をより有利に進められます。資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.消防設備士の基礎知識

はじめに、消防設備士の定義や種類について解説します。どのような資格なのでしょうか?

1-1.消防設備士の定義

前述のように、消防設備士とは、消防法で設置が義務づけられている消火器設備・警報設備・避難用具などの設置工事や点検・整備などを行うことのできる資格です。不特定多数が利用するオフィスビルや商業施設・ホテルの場合、法律で消防設備の設置が義務づけられています。消防設備は、単に設置するだけでは意味がありません。いざというときのために定期的に整備や点検を行っておくことが大切です。消防設備士の資格は1966年に制定された比較的新しい資格ですが、現在では消防設備を設置しているすべての施設で一定の需要があります。

1-2.消防設備士の資格区分

消防設備士には、甲種と乙種という2種類の資格区分があります。その中でさらに、甲種は特類と1~5類・乙種は1~7類という区分があるのです。甲種は、取得した類に分類されている消防設備の設置工事と点検・整備を行うことができます。一方、乙種は、取得した類に分類された消防設備の整備と点検だけしか行えません。なお、乙種6類・7類は、設置工事の必要がない消火器や漏電火災警報設備などが分類されているので、甲種に6類・7類は制定されていないのです。
また、消防設備士の資格を取得すると、消防設備点検資格者の資格を取得するための講習を受講する資格が与えられます。消防設備点検資格者を取得すれば、消防設備士として、取得した類以外に分類されている消防設備の点検を行うことが可能です。消防設備点検資格者は特殊・一種・二種の3種類があります。併せて取得すれば、点検ができる消防設備が増え、仕事の幅も広がるでしょう。
ちなみに、現在のところ「この資格区分を取得すれば、どんな消防設備も点検が可能である」というものはありません。多くの施設で使われている消火設備の整備や、設置ができる資格区分から取得していくのがおすすめです。

1-3.資格取得方法

消防設備士の資格は、消防試験研究センターが主催する試験を受けて合格すれば取得できます。乙種に受験制限はありません。学歴、性別・年齢問わずに受験が可能です。甲種の場合は、乙種を取得して一定の実務経験を得ているか、電気工事士などの資格を取得していることが受験の条件になっています。ですから、第二種電気工事士の資格を取得した後で、消防設備士甲種にチャレンジする人も多いでしょう。試験は、ほぼ毎月全国で行われています。詳しくはセンターのホームページを確認してください。頑張れば、1年で複数の資格区分を取得することが可能です。

なお、消防設備士の資格を取得した後は、定期的に講習会の受講が必要になります。この講習は、消防設備士の資格を活用して仕事をしていなくても、受講しなければ資格停止になりますので、注意しましょう。