消防設備士に義務づけられている講習とは? 内容などを徹底解説します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

消防設備士とは、消火器やスプリンクラー、火災報知器などの消防設備の設置工事や点検整備を行える資格です。床面積が一定以上あり、不特定多数が利用する施設は消防設備の設置が義務づけられていますので、消防設備士が活躍できる場所は多いでしょう。消防設備士の資格は、定期的に更新が必要です。

そこで、今回は消防設備士に義務づけられている講習についてご紹介しましょう。

  1. 消防設備士の基礎知識
  2. 消防設備士の講習について
  3. 消防設備士の試験内容と合格のコツ
  4. 消防設備士の講習に関するよくある質問

この記事を読めば、消防設備士の資格を取った後に必要なことがよく分かりますよ。消防設備士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.消防設備士の基礎知識

はじめに、消防設備士の資格についてご紹介します。どのような資格なのでしょうか?

1-1.消防設備士とは?

消防設備士とは、消防設備の設置が義務づけられている施設で消防設備の設置や工事・整備点検が行える資格です。消防設備にはさまざまな種類があり、定期点検が欠かせません。また、不備があった場合はすぐに整備が必要です。消防設備士が活躍できる職場はたくさんあります。

1-2.消防設備士の種類

消防設備士は甲種と乙種があります。甲種は特類~第5類、乙種は1類~7類に分かれているのです。甲種は、取得した類の消防設備の工事や設置・整備点検ができます。乙種は、取得した類の消防設備の設置や整備点検が行える資格です。1類~5類までに分類されている消防設備は、甲種・乙種ともに共通しています。乙種6類は消火器、7類は漏電火災警報器が分類されており、これらは工事が必要ないので甲種に6・7類はありません。

1-3.消防設備士の資格を取得する方法

消防設備士の資格を取得するには、消防試験研究センターが主催する試験に合格する必要があります。現在のところ、「これを取得すればすべての消防設備の設置・工事・点検整備が行える資格」というのは存在しません。自分の職場で、点検整備が必要な消防設備の点検ができる類を取得しましょう。
試験は、筆記と実技があり、ほぼ毎月実施されます。ですから、その気になれば1年ですべての類を取得することは可能です。
甲類を受験するには、一定の実務経験と定められた資格の取得が必要になります。乙類は受験資格が定められていません。誰でも受験できます。

12