消防設備士の資格を徹底解説! 試験対策やおすすめ教材も紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
消化器

不特定多数人々が集まる商業施設や遊戯施設、宿泊施設は火災が発生すると大変なことになります。
現在では、法律によって不特定多数が集まる場所にはスプリンクラーや自動火災報知機などの消火設備を備えねばなりません。
消防設備士とは、このような消火設備を設置したり点検したりできる資格なのです。
今回は、消防設備士とはどのような資格か、ということをご説明します。
消防設備士は、何種類もありますが受験資格などは必要なのでしょうか?
答えは、この記事を読めばわかりますよ。

  1. 消防設備士とはどんな資格?
  2. 消防設備士の種類とは?
  3. 消防設備士の試験内容とは?
  4. 消防設備士の受験勉強方法とは?
  5. おわりに

1.消防設備士とはどんな資格?

消防設備士とは、スプリンクラーや消火器、自動火災報知機など消防法に基づいて設置された消火設備の設置工事をしたり点検整備を行ったりすることのできる国家資格です。
かつて日本では、消防設備の不備によって宿泊施設や商業施設で大規模な火災が起こったときにたくさんの犠牲者が出ました。
当時のニュース映像などを、覚えている方もいるでしょう。
そこで、現在では消防法に基づいて不特定多数が利用する施設には、消防設備を摂津することを義務づけているのです。
そんな消防設備の設置工事をしたり整備点検できたりする国家資格が、消防設備士。
無資格の人には、消防設備を設置したり点検したりできないのですね。

2.消防設備士の種類とは?

照応設備士には、いくつかの種類があります。
この項では、消防設備士の種類についてご説明しましょう。

2-1.甲種

消防設備士甲種は、指定された区分の消防用設備等の工事、整備や点検をすることができる資格です。
甲種には1類~5類、さらに特類があり、類によって工事したり整備したりできる設備が決められています。
また、特類とは特殊消防用設備等を設置することができるのです。
消防設備士甲種を受験するには資格がいります。
大学、短期大学、高等専門学校で機械、電気、工業化学、土木または建築に関する学科または課程を収めた者。
もしくは、電気工事士や建築士などの資格を持つ者です。
また、消防設備士乙種の資格を取得したのち、2年以上実務経験がある者や、無資格でも一定の年数消防設備にかかわる仕事の実務経験があると受験資格を得られるでしょう。

2-2.乙種

消防設備士乙種は、指定された区分の消防用設備等の整備と点検を行える資格です。
工事はできませんので注意しましょう。
乙種は1類~7類まであり、1類~5類は甲種と同じ区分です。
6類は消火器、7類は漏電火災警報器になります。
消火器は設置が容易なため、乙種でも設置できるのです。
また、7類の漏電火災警報器は電気工事士の資格がなければ設置できません。
しかし、整備や点検が必要なために7類が存在するのです。
乙種に受験資格はありません。
誰でも受験することができます。
そのため、文系の高校や大学を卒業人はまず消防設備士乙種を取得してから実務経験を積み、甲種を受ける人も少なくないのです。

3.消防設備士の試験内容とは?

消防設備士の試験は、全国各地で年1回~数回行われます。
特に、東京では7回ほど行われることもあるでしょう。
試験日程や申し込み方法などは、(財)消防試験研究センターのホームページに記載されています。
受けてみようかなと思ったら、まずはホームページを確認して日程などを調べてみてください。
また、試験内容は甲種、乙種ともに筆記と実技があります。
すでにいくつかの類を取得していて、新しい類を取得したいという方や電気工事士など工事ができる資格を取得している場合は、試験の一部が免除されるのです。
ただし、甲種特類の試験だけは免除科目がありませんので、注意してください。
どの科目が免除されるのかも、消防試験研究センターのホームページに記載されています。
筆記は法令や消防法の基礎知識、消防設備の構造などです。
実技は、甲種が鑑別と製図。
乙種が鑑別だけになります。
電気工事士の試験のように、自分で工具を持って組み立てるわけではありませんので、実技はそう難しくはないでしょう。
ただし、類によって合格率にバラツキがあり最も難しいとされる甲種1類は、合格率が20%を切ります。
つまり、いいかげんな気持ちで勉強していては合格しません。
また、消防設備士の場合は複数の類を取得することが、半ば当たり前になっています。
そのため1年~2年ずっと試験を受け続ける人もいるでしょう。
さらに、消防設備士は勉強を教えてくれる予備校のような場所はありません。
つまり、取得している方は全員参考書で独学をした方々です。
また、消防設備士は、試験に合格しても定期的に講習を受け続ける義務があります。
忘れないように注意しましょう。

4.消防設備士の受験勉強方法とは?

では、消防設備士はどのように勉強していけばよいのでしょうか?
この項では、勉強方法の一例をご説明していきます。

4-1.参考書は複数買わない

書店に行けば、たくさんの参考書が売っています。
目移りしてしまい、ついたくさん買ってしまったという方も多いでしょう。
しかし、参考書はどれか1冊に絞ってやりこんだ方がよいのです。
ですから、分かりやすそうなものを1冊だけ購入しましょう。

4-2.知識がゼロの場合は、通信教育もお勧め

電気工事士などの資格をすでに取得している方は、消防設備士の試験もどのようなものが出るか想像できやすいです。
また、学校で電気などの知識を学んでいる人も同様でしょう。
しかし、全くのゼロから消防設備士を目指す場合は、参考書を読んでも理解できないこともあると思います。
その場合は、通信教育の方が質問もできますし、分かりやすいでしょう。
今は、メールで質問を受けつけてくれるところもあるので、分からないこともすぐに答えてくれます。

4-3.DVD形式の参考書も利用しよう

消防設備の中には、私たちが普段ほとんど目にしないものもあります。
ですから、参考書の言葉で説明されても、理解できないことがあるのです。
今は、DVDを利用した映像で学ぶ参考書も出ていますから、より詳しく分かりやすく学びたい方は利用してみてください。
目で黙読するより、耳から言葉を聞いたほうが覚えやすいという方も同様です。
また、実技の勉強は文章よりも映像で見たほうが分かりやすいでしょう。
今は、DVDの映像を携帯端末で持ち歩くことも可能です。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は、消防設備士とはどんな資格かということをご説明しました。
まとめると

  • 消防設備士は、建物の消火設備を設置、点検、整備できる資格。
  • 甲種は工事ができるが、乙種は点検と整備だけである。
  • 甲種には受験資格が必要だが、乙種には必要ない。
  • 学で勉強する方が多いので、参考書はしっかりと選ぼう。

ということです。
消防設備士は合格率が高い国家資格というイメージがありますが、あくまで全部の類の平均をした数値にすぎません。
前述したように、類によって取得しやすいものと取得しにくいものがあるでしょう。
ですから、取得しやすいものからとっておくとよいですね。
消防設備士は、類によって扱える設備に制限がありますから、多くの方がすべての類を取得します。
そのため、試験勉強が長丁場になることも少なくないでしょう。
地方でしか試験を受けられない方は、不合格になるとまた1年待たなくてはなりません。
ですから、確実に合格できるようにしっかり勉強して試験にのぞんでください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

消防設備士を最短合格!
DVD+スマホでいつでも学習出来る! 30日間返金保証付!

SATの教材を使えば驚くほど短い学習時間で消防設備士試験に合格できます。「学習時間の確保が難しい・・・」「勉強は苦手で・・・」など悩みの方に最適な教材です。最短合格の秘密はこちら→

SATの教材を使い短期間で一発合格された受講生の声をご覧ください。受講生の皆さんが楽々試験をパスされていることが分かります。あなたもSATの教材を使って楽々試験をパスしませんか?

業界初!安心のトリプル保証付き

全額返金保証!/ 合格するまでサポート無料!/ 長期破損保障!

最短合格の入り口はこちら