消防設備士の資格を徹底解説! 試験対策やおすすめ教材も紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

不特定多数人々が集まる商業施設や遊戯施設、宿泊施設は火災が発生すると大変なことになります。
現在では、法律によって不特定多数が集まる場所にはスプリンクラーや自動火災報知機などの消火設備を備えねばなりません。
消防設備士とは、このような消火設備を設置したり点検したりできる資格なのです。
今回は、消防設備士とはどのような資格か、ということをご説明します。
消防設備士は、何種類もありますが受験資格などは必要なのでしょうか?
答えは、この記事を読めばわかりますよ。

  1. 消防設備士とはどんな資格?
  2. 消防設備士の種類とは?
  3. 消防設備士の試験内容とは?
  4. 消防設備士の受験勉強方法とは?
  5. おわりに

1.消防設備士とはどんな資格?

消防設備士とは、スプリンクラーや消火器、自動火災報知機など消防法に基づいて設置された消火設備の設置工事をしたり点検整備を行ったりすることのできる国家資格です。
かつて日本では、消防設備の不備によって宿泊施設や商業施設で大規模な火災が起こったときにたくさんの犠牲者が出ました。
当時のニュース映像などを、覚えている方もいるでしょう。
そこで、現在では消防法に基づいて不特定多数が利用する施設には、消防設備を設置することを義務づけているのです。
そんな消防設備の設置工事をしたり整備点検できたりする国家資格が、消防設備士。
無資格の人には、消防設備を設置したり点検したりできないのですね。

12