消防設備士の資格にはどんな種類がある?それぞれの勉強方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

消防設備士とは、消火器やスプリンクラーなどの消火設備や自動火災報知機などの警報装置・避難用具など、火災の時に役立つ機器を設置したり点検整備を行ったりすることができる国家資格です。甲種と乙種があり、資格の種類によってできることが異なります。ビル管理などの仕事に就きたい場合は取得しておくと有利な資格であり、幅広い年代の方が取得に挑戦している資格です。

そこで、今回は消防設備士の特徴や取得するメリット・種類などをご紹介しましょう。