消防設備士で夢の独立開業も! 資格取得を目指すための4項目を紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

消防設備士の資格を持っていると独立開業も可能だということをご存じでしたか? この資格があれば消防設備会社や建設会社などで働くことができ、勤め先によって収入が大きく変わります。ただし、独立すればその年収は急激に増加すると言われているのです。キャリアアップするためにも、独立を検討する人も少なくありません。もちろん、この資格を持っていれば誰でも独立できるというわけではなく、いくつかの条件を知っておく必要があるでしょう。この記事では、消防設備士の独立について、そのメリットや流れ、資格取得のための勉強方法などをまとめて解説しています。

  1. 消防設備士としての独立
  2. 独立までの流れ
  3. 消防設備士の資格と試験、勉強法について
  4. 消防設備士の独立に関するよくある質問

この記事を読むことで、消防設備士という資格の魅力についてわかります。将来の安定のためにも、独立を目指す人はぜひ参考にしてみてください。


1.消防設備士としての独立

まずは、消防設備士と独立についてまとめてみました。独立のメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

1-1.消防設備士は独立できるのか?

消防設備士とは、公共施設やオフィスなどにおいて消防設備の工事や整備を行う資格です。消防設備は取り付け後も定期的な点検や整備が義務づけられているため、取得しておくと幅広く活躍できるでしょう。仕事が得やすいこともあり、独立開業する人も少なくありません。独立しても長期にわたって安定した収入が望めるため「会社勤めをしたくない」「自分で仕事量を調整したい」という人には、独立がおすすめです。

1-2.独立のメリット・デメリット

資格を持っていても、勤め先によって収入は異なります。独立するとキャリアアップだけでなく年収アップも望むことができるでしょう。また、消防設備士は体力的にも大変な仕事です。勤め先によっては泊まり勤務などもあるため「給料に見合っていない」と感じる人も多いでしょう。しかし、独立すればある程度の仕事量を自分で調整することができます。そういったことにメリットを感じ、独立を目指す人も少なくないでしょう。もちろん「社会保障がない」「仕事が得られるか不安」というデメリットはありますが、軌道にのれば一生安泰な仕事と言えます。

12