基礎工事の施工法の種類とは?それぞれの特徴について知ろう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建物を建築する際、「基礎工事」はとても大切な施工です。
基礎工事をきちんとしているかどうかで建物の耐久性能まで左右します。
建築施工管理技士を目指している人は特に、基礎工事について知識を身につけておかなければなりません。
そこで、基礎工事の施工法の種類や各施工法の特徴、基礎工事における注意点について詳しく説明します。
まさに今、試験を取得するために勉強している人はぜひ参考にしてください。

  1. 基礎工事の施工法の種類
  2. 各施工法の特徴
  3. 基礎工事における注意点
  4. まとめ

1.基礎工事の施工法の種類

基礎工事の種類は主に、「杭(くい)基礎」と「直接基礎」の2つです。
さらに、直接基礎からは「独立基礎」「ベタ基礎」「布基礎」にわかれることになります。
それぞれ、施工法の種類をチェックしていきましょう。
種類はもちろん、工法の内容についても確認してくださいね。

1‐1.軟弱な地盤に採用する「杭基礎」

杭基礎は、地盤の地耐力がおよそ20kN/㎡以下の場合に採用する基礎です。
杭を地面に打ちこむことで地盤を固めて安定を高めます。
軟弱な地盤のままでは建築作業にすすむことはできません。
建物の荷重が地面にかかってしまい、建物全体が不安定になります。
また、杭基礎には「既成杭工法」と「場所打ち杭工法」の2種類にわかれているのです。
「既成杭工法」は。あらかじめ工場でつくった杭を使用します。
一方、「場所打ち杭」は現場で掘った穴の中に鉄筋を挿入して杭をつくるやり方です。
以上のように、杭のつくり方によって基礎の種類が異なります。

1‐2.杭を使わない「直接基礎」

杭基礎と同じく、もう1つ代表的な基礎工事が「直接工事」です。
直接工事は杭などの道具をまったく使わず、地盤に直接基礎をつくります。
一般的に、地盤が安定している土地に採用する基礎工事です。
地盤が良好な状態でなければ採用できません。
また、建築する建物が低層の場合に活用します。
直接基礎には、「ベタ基礎」「フーチング基礎」「独立基礎」「布基礎」など細かい種類にわかれているものです。
ベタ基礎は建物の底面すべてに基礎スラブを構築しています。
フーチング基礎は上部建物の荷重を地業に、建物荷重を直接地盤に伝える仕組みです。布基礎は鉄筋コンクリートが連続している基礎になります。
そして、独立基礎は名前のとおり、基礎が独立している形です。
それぞれ適した地盤や建物があるので、事前にチェックしておきましょう。

1‐3.「特殊基礎」や「ケーソン基礎」

基礎工事の種類にはほかにもたくさんあります。
たとえば、杭基礎や直接基礎にも当てはまらない「特殊基礎」です。
特殊基礎には、鋼管矢板井筒基礎や脚つきソーケン基礎、多柱基礎などがあります。
高いビルや地盤が非常に弱いケースなど、特殊な基礎が必要なときに採用することが多いです。
そして、もう1つの「ケーソン基礎」には、ボックス(設置)ケーソンやニューマチックケーソン、オープンケーソンなどがあります。
そもそも、ケーソンとは水中構造物や防波堤などに採用する工法です。コンクリート製や鋼製の大型の箱を指しています。
地盤や建築場所によって基礎工事が異なることを把握しておきましょう。

12