凝縮器とはどんな装置?その仕組みと種類をご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

業務用の冷凍機には、必ず凝縮器という部品がついています。
あまりなじみのない設備なので、いったいどのようなものなのか分からない、という方も多いでしょう。
そこで、今回は凝縮器の仕組みや種類についてご紹介します。
冷凍機械責任者の資格を取得するには、ぜひ知っておかなければならない知識です。
また、冷凍設備を備えている会社で働いている方も凝縮器の仕組みを知っておくと何かと役に立つでしょう。
ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 凝縮器とは?
  2. 凝縮器の種類とは?
  3. 凝縮器の種類別特徴とは?
  4. メンテナンスが簡単なのはどっち?
  5. おわりに

1.凝縮器とは?

凝縮器とは、冷凍サイクルの中で重要な役割を担って(になって)います。
名前の由来は、圧縮機によって圧縮された高圧・高温のガスを水や空気で冷やして凝縮させる機能からです。
冷凍機械類はガスを凝縮した後に蒸発させるという工程が必要なため、期待状のガスを凝縮器に通し、液化する必要があります。ですから、どんな冷凍機でも凝縮器がついているのです。

12