ガス工事資格の種類を紹介! ガス主任技術者取得に必要な知識

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ガス関連の工事は注意しなければ火災・爆発の危険があります。特に、ガス管の配管やガス栓の設置などの工事は、資格を持った者でなければできない仕事です。また、ガス工事の資格にはガス主任技術者・液体石油ガス設備士・簡易内管施工士などさまざまな種類があります。ガスの資格を取得したい方は、仕事内容に見合った資格を選択しなければなりません。

そこで本記事では、ガス工事の資格やガス主任技術者の資格試験・勉強法などについて詳しく説明します。

  1. ガス工事の資格について
  2. ガス主任技術者について
  3. ガス主任技術者の資格試験について
  4. ガス工事資格の勉強法について
  5. ガス工事の資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、ガス工事の資格の種類や取得のために必要な情報を知ることができます。資格取得を目指している方はぜひチェックしてみてください。


1.ガス工事の資格について

ガス工事の資格を取得するためには、基本知識を習得することが大切です。ガス工事の内容や資格の種類などについて詳しく説明します。

1-1.ガス工事について

ガス設備の設置やガス管の配管・ガス栓の増設などガスに関する工事のことをガス工事といいます。お湯をわかすために必要な給湯器や暖房機器など使うためには熱源となるガスが必要です。ガスを供給するためにも配管を正しく設置し、丁寧な工事を行わなければなりません。もし、ガス工事に不備があると、配管からガスがもれて火災・爆発が起こる危険性があります。安心・安全を確保するためにも、工事をしっかりする必要があるのです。

1-2.ガス工事資格の重要性

ガス工事の中には有資格者だけがおこなえる内容があります。たとえば、ガス管の配管とガス栓の設置です。ガス器具設置の作業は資格が必ず必要になります。無資格者が工事を行うことはできませんので注意してくださいね。

1-3.ガス工事に関する資格

ガス工事に関する資格には、ガス主任技術者・液化石油ガス設備士・簡易内管施工士などがあります。それぞれの資格内容について詳しく見ていきましょう。

1-3-1.ガス主任技術者

ガス主任技術者は一般家庭の燃料ガスの製造・供給に関して保安監督を行う資格です。ガス事業法に基づき、ガス工作物の保安・監督・整備・指導などを行います。ガス事業者はガス主任技術者を選任しなければならないため、ガスの資格の中でもニーズは高いといえるでしょう。また、ガス主任者免状を持っている者は都道府県に申請すれば、特定第1種圧力容器取扱作業主任者免状が取得できます。

1-3-2.液化石油ガス設備士

液化石油ガス設備士は液化石油ガスの保安の確保および取引の適正化に関する法律(液石法)に基づき、液化石油ガス設備工事を行うために必要な資格です。液石法の対象となる一般家庭用のLPガス供給設備や消費設備の設置・変更工事を行います。

1-3-3.簡易内管施工士

簡易内管施工士は都市ガスにおけるガス機器の移設工事・ガス栓の位置替え・増設などの工事を行うことができます。戸建て住宅から集合住宅まで工事の範囲は幅広い点が特徴です。また、一般業務用建物のマイコンメーター下流側からガス栓までの露出部分における工事も担当します。