【必読】雑用水の水質検査とは? 必要項目と資格を詳しく解説します!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちの暮らしには、飲用水以外にも大量の水が使われています。たとえば、公園の噴水・トイレの洗浄水・清掃用水などです。こうした雑用水の水質検査は、一定の水質を維持するために行います。定期的に検査をしてきちんと管理することで、悪臭や雑菌・害虫の発生を防ぎ、快適に使用できるのです。今回は、雑用水の水質検査について詳しく解説します。

  1. 雑用水の水質検査とは
  2. 雑用水の水質検査を詳しく学ぼう
  3. 雑用水の水質検査とビル管理士について
  4. ビル管理士について知っておきたいこと
  5. ビル管理士の資格取得について
  6. 雑用水の水質検査に関するよくある質問

この記事を読むことで、雑用水の水質検査に関する基本を理解し、必要な資格取得に向けて適切な準備を進めることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


1.雑用水の水質検査とは

雑用水の水質検査に関する基本を解説します。水質検査の概要や関連法律のほか、必要性や重要性について理解してください。

1-1.雑用水とは

雑用水とは、飲用以外の目的で使用する水のことです。たとえば、散水・公園の噴水・便所の洗浄水などがあります。いずれも人体と直接接しないことから、飲用基準を満たさなくても利用可能です。たとえば、近年では雨水を雑用水に流用するなどのケースが増えています。

1-2.雑用水の水質検査について

雑用水は、飲用目的ではありません。しかし、雑菌や薬品などの汚染を受けた水では、環境衛生に大きな影響を及ぼします。そのため、水質検査を定期的に行って、一定の基準を満たす状態を維持する必要があるのです。

1-3.雑用水の水質検査の必要性・重要性

雑用水は、人体に直接触れず、飲用でもありません。しかし、一定の基準を設置しておくことで、雑菌や病原菌による汚染・悪臭や害虫の発生を抑えることができ、清潔な環境を保つことができます。環境保全のためにも、水質検査を定期的に行い、管理することは重要です。

公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら