メンテナンスで衛生的な環境を。グリストラップの臭い対策とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

グリストラップは、一般の方には馴染(なじ)みがない言葉でしょう。飲食店などの業務用調理場への設置が義務とされている油脂分解して集める装置のことを指します。
調理する際に発生する排水に混じった生ゴミや油脂がそのまま下水道へ流れ込むことを防ぐため、一時的に蓄積しておくための設備です。もしも、生ゴミや油脂が処理されずに下水道に流れ込んでしまうと、詰まりの原因にもなり、環境汚染にもつながります。
下水道の環境が衛生的な状態に保たれるためにも、グリストラップは重要な役割を担う設備だといえるでしょう。下水道だけでなく、排水溝にも影響が出てしまうのを防ぐためです。環境汚染防止にも役立ちますが、詰まりが原因で調理場内が水浸しになって悪臭などの要因にもなるでしょう。
飲食店では、それぞれグリストラップの悪臭を防ぐ対策を整えて、快適な環境を提供するように努めています。
グリスラップの臭い対策についてご紹介しましょう。