地盤調査方法とそれぞれの特徴を徹底比較

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

地盤調査は建築計画を立てる際に、事前にしっかりと行うべきです。建物完了後に地盤沈下などの問題が生じるなら、依頼主にも施工者にも大きな損害となります。とはいっても、地盤調査方法にはさまざまな種類と特徴があるため、正しい地盤調査のためには知識が必要です。それでは、地盤調査方法と種類、その特徴を徹底比較します。

  1. 地盤調査方法と目的
  2. 地盤調査の種類と特徴
  3. 地盤調査の責任と資格

1.地盤調査方法と目的

1-1.地盤調査はなぜ必要か

個人にとっては、新築住宅は一生の買い物です。地盤がしっかりしていない家は、その後の生活すべてに影響する大惨事になりかねません。また、マンションやビルの地盤に問題があるなら、数多くの入居者に影響します。地盤沈下などが生じるなら、損害と賠償は恐ろしい数字になるでしょう。ですから、地盤調査は建設工事を開始する前に、徹底的に行う必要があるのです。

1-2.地盤調査と法律

地盤調査は施工者が行うべきこととして法律に明記されています。「住宅の品質確保の促進等に関する法律」のよると、施工者の責任として、家の欠陥を10年間は保証するべきなのです。もちろん、建築時の施工に問題があった場合に限ります。そして、施工時の家の欠陥には、地盤の問題も含むのです。つまり、建築後10年以内に地盤がしっかりしていないことが理由で家が傾くなら、施工者は損害を補償しなければいけません。「施工者が建築前に地盤の調査をしっかりするべきである」というのが理由です。とはいえ、地盤は災害により変化します。地震による液状化現象が原因で住宅の地盤に変化があっても、建築時の欠陥ではないため、施工者が保証するものとはなりません。

1-3.建築会社の生命線

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」は国土交通省のホームページで詳細を確認できます。最近も定期的に改正している法律であり、施工者は建築会社の責任として何が求められるかを常に確認しなければなりません。従来の習慣だけではなく、裁判例なども確かめながら、問題が起こらないように施工をすすめるべきなのです。裁判で負けるなら、会社の信頼にも傷がつき、同時に賠償のための工事を負担しなければなりません。ですから、しっかりした地盤調査を行い、施工者も依頼主も安心できる建設をすすめる必要があるのです。

12