地下水の水質について知ろう!その特徴と地下水汚染の現実について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

地下水の水質にはどのような特徴があるのでしょうか。
地下水とは、井戸や洞窟の中など地下にある水のこと。
近年、有害物質の投棄などによる地下水の汚染が問題になっていることをご存じでしょうか。
地下水汚染は自然環境や人の健康、生活へ影響を与える「公害」の1つ。
環境基準を満たしているかどうか調査し、対策を考えなければなりません。

  • 地下水の水量や水温はどうなっているのか?
  • 地下水の水質調査を行う方法を知りたい
  • 地下水汚染の原因と対策にはどのようなものがあるのか?

地下水の特徴や地下水汚染について、詳しく調べてみましょう。


1.地下水の特徴

1-1.地下水の水質

地下水は地表水と違い、雨が降ってもにごることはありません。
もちろん、大雨が降っても洪水が起こることはないのです。
日照りが続いてカラになることもないでしょう。
雨の量によって水かさが増えたり減ったりすることはあります。
しかし、川や湖などに比べるとほとんど目立つことはないのです。
また、地下水は温度もほぼ一定で、夏は気温よりも低く、冬は暖かくなるのが特徴。
水温の変化が少ないのも地下水の利点と言えるでしょう。
地下水は水がきれいで飲用に適しています。
水が土や砂のすき間をくぐり抜けている間に、ごみやバクテリアを吸い取ってくれるためでしょう。
だからこそ、地下水汚染の問題が重要視されているのです。

1-2.地下水の水量

地下水は広い範囲に分布しているため、多くの場所で得られます。
川や湖、沼の水は地上のごく限られたところにしかないため、遠い場所では長い水路を作る必要があるのです。
しかし、地下水には量の制限があり、まとまった量の水を得ることは難しくなっています。
土や砂のすき間をとおってくるため、ある土地に一定の時間流れ込む水量は限られているのです。

12
公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら