ボイラー技士の試験対策に! 人気の参考書や勉強方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ボイラーとは、燃料を燃やして水を沸かし水蒸気の力をエネルギーに変える機器です。単純に沸かしたお湯をそのまま使うものから、推進力や発電力に使うものもあります。このボイラーを扱えるのが、「ボイラー技士」です。

今回は、ボイラー技士試験に合格するための参考書の人気度や選び方などをご紹介しましょう。また、独学以外の勉強方法もご紹介します。ボイラー技士の資格を取得したいと思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

  1. ボイラー技士とは?
  2. ボイラー技士の試験内容と難易度とは?
  3. ボイラー技士の試験勉強方法と参考書の選び方
  4. SATの教材を試してみよう
  5. おわりに

1.ボイラー技士とは?

ボイラー技士とは、文字どおりボイラーを取り扱うことのできる資格です。似たような資格にボイラー整備技士やボイラー溶接がありますが、ボイラー技士とはまた別の資格ですので、混同しないように注意しましょう。ボイラーは、普段私たちが目にすることはほとんどありません。しかし、給湯や冷暖房、さらに発電に至るまでボイラーはいろいろな場所に使われています。

また、蒸気機関車や汽船などボイラーを原動力にして動く乗り物もあるのです。家庭用の給湯器も、ボイラーの一種。ボイラー技士の資格がなくても、特定の講習を受ければ取り扱えるボイラーもあります。しかし、そのようなボイラーを扱っている場所でも、安全ためにボイラー技士の資格所有者に取り扱いを任せるところが多いです。ボイラー技士は二級・一級・特級の3つに分かれています。一級、特級は受験資格がいりますが、二級は誰でも受験可能です。ですから、転職や就職に有利だと取得する方も多いでしょう。

12