消防設備士の人気参考書は?効率良く勉強するポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

不特定多数の方が利用する施設には、消防設備が設置されています。
しかし、ただ設置してあるだけでは、不十分です。
そんな消防設備の保守点検管理をするのが消防設備士。
今回は消防設備士の試験を受験したい方必見。
人気の参考書とその選び方をご紹介しましょう。
消防設備士は、乙種と甲種があり甲種の方ができることがたくさんあります。
また、独学の落とし穴や独学以外の勉強法もご紹介しましょう。
消防設備士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

  1. 消防設備士とはどんな資格?
  2. 消防設備士の類とは?
  3. 消防設備士の合格率や難易度とは?
  4. 消防設備士の人気参考書と独学の落とし穴とは?
  5. SATの教材を利用してみよう
  6. おわりに

1.消防設備士とはどんな資格?

消防設備士とは、消防法で定められているスプリンクラーや自動火災報知設備などを、保守点検、工事、整備を行える資格です。
商業施設・宿泊施設・病院・学校など不特定多数の方が利用する施設には、消防設備を設置するように法律で定められています。
しかし、消防設備は設置しているだけでは不十分です。
たとえば、消火器などは使用期限があります。
また、スプリンクラーや自動火災報知設備などは、誤作動をすると業務に支障が出るでしょう。
さらに、現場で働くスタッフが故意に消防設備のスイッチを切っていた結果、火災の発見が遅れたというケースもあります。
消防設備士は、施設内で行われる業務に支障が出ないように消防設備を設置する工事を行ったり、いざというときにスムーズに設備が使えるように、保守点検をしたりするのが主な職務です。
消防設備には甲種と乙種があり、消防設備を設置する工事ができるのは、甲種だけですので注意しましょう。
ちなみに、甲種を受験するには土木や電気の単位が取得できる学校に通ったり、特定の資格を取得したりしていないと受験できません。
ですから、全く何もない状態から受験するならば、乙種から受験して実務経験を積みましょう。
なお、電気工事士や電気主任技師の資格を持っていても、甲種を受験できます。
ですから、ビル管理の仕事に就く方が電気関係の資格と消防設備士の資格を両方持っていると、何かと便利でしょう。