熱輸送方式の種類とは?それぞれの特徴とともにご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

熱輸送方式というと、何やら聞きなれませんがこれは空調設備のことです。
今は不特定多数の人が利用する設備ならば、空調設備がないところの方が珍しいでしょう。
しかし、熱輸送方式に複数の方法があることは、あまり知られていません。
そこで今回は、熱輸送方式の種類についてご説明します。
種類によって向いている施設、向いていない施設があるのです。
また、管理の手間や方法も変わってくるでしょう。
ビルのオーナーや建築物環境衛生管理技術者の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 空調設備の役割とは?
  2. 熱輸送方式の種類とは?
  3. 空調設備を快適に使い続ける方法とは?
  4. おわりに

1.空調設備の役割とは?

熱輸送方式の種類について説明する前に、空調設備の役割についてご紹介します。
施設が大きくなるほど、役割も重要になっていくのです。

1-1.冷暖房

空調設備の役割の中で最も大きいのが、温度の調節。
すなわち冷暖房です。
大きな施設ほど冷暖房がなければ、快適に過ごせません。
また、大規模な施設は一般の家庭よりも冷暖房を強めにかけることが一般的なので、設備の負担も大きいでしょう。
さらに、一般の家庭ならば冷暖房が壊れても数日ならがまんして過ごせます。
しかし、大規模な施設で冷暖房が壊れれば、施設自体が使えなくなるのです。
ですから、普段の保守点検が大切になるでしょう。

1-2.湿度の調整

空調設備は、湿度の調整を行っています。
大規模な施設ほど、何もしないと湿度に差が出てきて、湿っぽいところや乾燥しすぎるところが出るでしょう。
また、地階は湿度が高く、空調設備で除湿しなければ壁に結露などが発生することもあります。

1-3.空気清浄

高層ビルや大規模な屋内施設は、空気が出入りできるところが限られています。
空気がよどんでいるから、と窓を開けるわけにもいきません。
ですから、空調設備で空気を循環させて新鮮な空気を施設内に供給するのです。
これがないと、施設内の奥まった場所は空気がよどんでしまうでしょう。

12