高湿度が人体に及ぼす影響とは?息苦しさや熱中症の危険性も…

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

高湿度な環境が人体に及ぼす影響や対策についてご存じでしょうか? 建築物環境衛生法では、適法湿度を40~70%と定めています。その数値を超える高湿度は、息苦しさや熱中症など、人体にさまざまな悪影響を及ぼすことが分かっているのです。
私たちが健康な状態で過ごすことができるように、どのような対策を考えるべきなのでしょうか。「高湿度な環境で体調不良を起こしたことがある」「高湿度が人体に及ぼす影響を知りたい」「どのように湿度対策をすればよいのか?」そんな不安や疑問を解決するために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

  1. 高湿度になる原因
  2. 高湿度が人体に及ぼす影響
  3. 高湿度空間での湿度対策
  4. よくある質問
  5. まとめ

1.高湿度になる原因

高湿度が人体に及ぼす影響を知る前に、高湿度になる原因として考えられるものにはどのようなものがあるか、まとめてみました。

1-1.空気の循環が悪い

室内の湿度が高くなるのは、湿気をうまく逃がすことができないことに理由があります。高気密高断熱の家では、発生した湿気の逃げ場がないのです。近年は24時間換気システムの設置が義務づけられたため、湿気を逃がすことができるようになりました。しかし、その前に建築された高気密高断熱住宅の場合は、要注意でしょう。

「ある部屋だけ湿度が高い」という場合は、その部屋の風通しが良いかどうか確認してみる必要があります。窓が小さくて風が通りにくくなっている可能性もあるでしょう。

1-2.床下・天井からの湿気

床下の湿気が多い土地に家が建っている場合、基礎や断熱材がしっかりしていないと湿気が発生しやすくなります。敷地の土壌そのものの湿気が多い、床下の通風がよくない場合は、室内にも影響してしまうでしょう。また、1階がガレージでその上に部屋があるような家だと、ガレージとの温度差が発生しやすく、湿度が高くなりやすいのです。

1-3.人が高湿度の原因になることも

人の呼吸には、湿気が含まれています。また、発汗によっても湿度が上がることがあるでしょう。例えば、温度が高く風通しの悪い狭い部屋にたくさんの人間が仕事などをしている場合、湿度が上がり続けることもあります。

12