高湿度が人体に及ぼす影響とは?息苦しさや熱中症の危険性も…

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

高湿度な環境が人体に及ぼす影響や対策についてご存じでしょうか? 建築物環境衛生法では、適法湿度を40~70%と定めています。その数値を超える高湿度は、息苦しさや熱中症など、人体にさまざまな悪影響を及ぼすことが分かっているのです。
私たちが健康な状態で過ごすことができるように、どのような対策を考えるべきなのでしょうか。「高湿度な環境で体調不良を起こしたことがある」「高湿度が人体に及ぼす影響を知りたい」「どのように湿度対策をすればよいのか?」そんな不安や疑問を解決するために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。