高圧ガス保安監督者になるのに資格は必要? 選任条件を詳しく解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

高圧ガス保安監督者とは、保安統括者に変わって高圧ガスを製造する事業所で保安を監督する職種です。高圧ガス保安法に定義はありませんが、経済産業省令が定めた「保安統括者等の選任義務免除」の条件を満たした施設で選任ができます。その一方で、「法律による定義がないので、選任基準が今一つよく分からない」という人もいるでしょう。
今回は、高圧ガス保安監督者が選任できる事業所や、選任を受けられる人の条件などを解説します。

  1. 高圧ガス保安監督者の基礎知識
  2. 高圧ガス保安監督者の選任条件
  3. 高圧ガス保安監督者に関するよくある質問

この記事を読めば、高圧ガス保安監督者とほかの保安責任者との違いなどもよく分かるでしょう。高圧ガス保安責任者の資格取得を目指している人も、ぜひ読んでみてください。