高圧ガス保安業務に関わる資格を取るには? 試験内容などを解説します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

高圧ガスとは、0.21MPau以上で高圧ガスとなるアセチレンガスを除き、常用の温度で1MPa(約10気圧)以上のガスなどを指します。このようなガスを製造する場所には「高圧ガス製造保安責任者」という資格を持った方を保安のために選任しなくてはなりません。資格を取得すれば、高圧ガスを製造する現場はもちろんのこと、販売所や高圧ガスを使った機器を設置してある施設でも保安業務を行うことができます。

そこで、今回は高圧ガスを取り扱うために必要な資格についてご紹介しましょう。