高圧ガスに関する資格を知りたい方必見!!高圧ガス保安法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

高圧ガス保安法とは、高圧ガスによる災害を防ぐために、貯蔵・販売・運搬・製造・移動などを定めた法律のことです。
また、高圧ガス保安法に基づいて高圧ガスを取り扱える資格である高圧ガス保安責任者が定められています。
今回は、高圧ガス保安法とそれに基づいた資格についてご紹介しましょう。

  1. 高圧ガス保安法とはどのような法律?
  2. 高圧ガス保安法が定める有資格者について
  3. 高圧ガス保安責任者の試験や講習について
  4. 高圧ガス保安法に対するよくある質問

高圧ガスは私たちの身近な空調にも使われていますが、それを取り扱うにも資格が必要になります。
高圧ガス保安責任者は、資格によっては名前が全く違うものもありますので、この記事を読んでどんな資格があるのかしっかり把握してください。
法律について知りたい方も必見です。


1.高圧ガス保安法とはどのような法律?

始めに、高圧ガス保安法の内容や適用条件などをご紹介します。高圧ガスとはあまりなじみのないように思えますが、意外と身近に使われているのです。

1-1.高圧ガス保安法とは?

高圧ガス保安法とは、高圧ガスによる災害を防止するために販売、輸入、運搬、製造、移動などの行為に規制を設け、高圧ガス保安協会や民間事業者の自主的な活動を促す法律です。
制定は昭和26年ですが、1997年に「高圧ガス取締法」から高圧ガス保安法と名前を変えました。

1-2.高圧ガスとは何か?

では、法律で規制されているどのようなものでしょうか?以下に定義をあげておきます。

  • 圧縮ガス: 常用の温度で圧力が1 mpa(メガパスカル)以上になるもので、現に1 mpa以上のもの。35度以上で1 mpa以上となるもの
  • 圧縮アセチレンガス: 常用の温度で圧力が0.2 mpa以上になるもので、現に0.2 mpa以上のもの。15 ℃で0.2 mpa以上となるもの。
  • 液化ガス: 常用の温度で圧力が0.2 mpa以上になるもので、現に0.2 mpa以上のもの。0.2 mpaとなる場合の温度が35 ℃以下であるもの。
  • そのほかの液化ガス: (液化シアン化水素、液化ブロムメチル、液化酸化エチレン)35 ℃で0 mpaを超えるもの。つまりこれらの物質は、圧力がどの状態でも(たとえ圧力がゼロに限りなく近くても)高圧ガスに定義される。

1-3.高圧ガスをあつかうにはどうしたらいいの?

さて、このような高圧ガスをあつかうには、保安のために高圧ガス保安責任者を専任しなくてはなりません。
この資格は化学および機械。そして冷凍機械の2つに大きく分かれています。
冷凍機械というと冷凍庫や冷蔵庫をイメージする方も多いですが、業務用の空調も冷凍機械なのです。
高圧ガス保安責任者は資格の中でも種類によって大きくできることが異なるでしょう。
ですから、資格を取得したいと考えている方は十分注意する必要があります。

12