ホテルの設備管理を仕事にしたい方必見! 仕事内容はどのようなもの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ホテルは、毎日不特定多数の人が利用する施設です。ホテルの設備管理とは、空調や電気設備・水道など、ホテルを安全かつ快適に使うためには欠かせない設備の点検やメンテナンスを行う仕事を指します。このような仕事はホテルの他、商業施設やオフィスビルなどでも行われているため、ビルメン(ビルメンテナンス業)とも呼ばれているのです。

今回は、ホテルにおける設備管理の仕事内容についてご紹介しましょう。

  1. ホテルにおける設備管理の重要性
  2. ホテルにおける設備管理の仕事内容など
  3. ホテルにおける設備管理の求人など
  4. 資格を取得する方法
  5. ホテルにおける設備管理に対するよくある質問

この記事を読めば、ホテルの設備管理を行うために必要な資格なども分かります。ビルメン業務に就きたいと思っている方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.ホテルにおける設備管理の重要性

ホテルとは、不特定多数の方が宿泊に使う施設です。日本にはさまざまなタイプのホテルがあり、毎日数万人以上の方が利用しています。不特定多数の方が利用する施設は、商業施設や劇場・病院・学校などがありますが、ホテルはその中でも滞在時間が最も長い施設の一つです。そのため、安全管理や衛生管理には他の施設よりも気を配らなければなりません。

設備の不具合が原因で宿泊客に迷惑がかかれば、ホテルの評判は下がってしまうでしょう。また、設備の不備から火災や食中毒などが発生すれば、多大な犠牲者が出る可能性もあります。日本で今までに発生したホテル火災の中には設備の不備が原因で被害が拡大したものも多く、設備管理の大切さを示す教訓となっているのです。