SAT

  1. HOME

法人プランのご案内

人材不足と高い離職率に悩まれている人事担当者(経営者)さまへ
  • 人材が常に不足している
  • 離職率が非常に高い
  • 社員の専門知識が不足している
  • 社員に資格を取らせたい
  • 施工不良のリスクをなくしたい

もし、どれか当てはまることがあれば、きっと御社のお役に立てます。たとえ従業員50名以下の企業様でも。

当社の手法は東証一部に上場されている飛鳥建設様や建設技術サービスのコンテック株式会社様をはじめこれまで累計2万5千人以上の受講生様にご利用いただきました。

当社の教材を選んだ理由

弊社がSATラーニングを選んだ理由は大きく3つありまして、まず1つは当社の人事制度で技術系の特定資格というものが指定されていまして、その資格を取らないと昇格できないというある年齢のポイントがあるのですが その特定資格の講座が提供されているのが一番大きなまず1つ目ですね。 2つ目はeラーニングのためには受講会場に出向く必要がないので作業所の勤務者も無理なく受講できるということが一番大きなところです。 これはいつでもどこでも何度でも受講可能なために内勤外勤の受講機会が公平に提供できるというメリットがあるかなと思います。 最後に3点目は社外のそれ以外の資格取得講習の受講料に比べて非常にコストパフォーマンスが高いといったところを評価して導入に至りました。

受講生の声

合格者数名に確認、ヒアリングをしたんですけど、現場の人が仕事が終わってからeラーニングで受講できると、テキストも結構わかりやすいという声と通勤時にスマホで見ながら通勤したという利用の仕方もあってこのeラーニング+過去問をやれば合格率がかなり高まるんじゃないかという非常に評価した声がありました。
一方で建設会社ですので色々なところに作業所があるのでネット環境のあまりよくないところは、動画が途切れたりというような声も少し聞かれましたけど全体的には非常に好評の声の方が多かったです。

eラーニング導入前と後で一番変化したこと

弊社は実は平成24年から人事制度を抜本的に見直したんですが、その際に冒頭にお話した特定資格の取得ということを昇格要件に義務付けているんですけど、今までそういった意味では義務付けはしているものの資格取得は個人の努力に依存しておりました。
それが今年度SATeラーニングを見つけたことで会社として年度計画の中に人材育成の一環としてこの資格支援ということで予算も取って経営陣にも認知して頂いて展開しているという状況です。 そのために新卒採用においても会社説明会でもイメージアップにも非常に貢献しているかなというふうに感じております。
また、各部門の上司も非常に期待する声がありますので正社員だけではなく長年弊社で貢献してくれている契約社員なんかの受講要望もあってそういった方も声を掛けてやる気のある人についてはチャンスを与えるといったような形で運用をさせて頂いています。そういったことで全社的にはSATeラーニングの導入ということを非常に好意的に受け止めて頂いているというふうに評価しています。

特にいいと思う機能

ゼネコンの作業所勤務者、技術者は非常に時間がない中でパソコン、タブレット、スマホなどで受講できるというのは社外の講習に出向くよりも非常に効率的ですし時間も有効に使えるといったいつでもどこでも何度でもということが一つのキーワードとしてとてもよいサービスだなというふうに感じています。
また、eラーニングも1コマが10分前後ぐらいにあまり長い30分とか1時間ということではないので受講者から聞くと意外と受講しやすく15分ぐらい時間があったら次のコマ見てみようかなみたいな使い方もできるということで気軽に受講できるという声もあります。
あとは我々管理者からしてみると対象者が受講者の学習状況が管理画面で把握できるので実は試験前に受講者全員に進捗率の高い人から名前のリストを作って「あと2週間ですよ。皆さん頑張らないと終わりませんよ」というような督促メールで受講の後押しといったようなこともできましたので、そういった意味ではただ与えるだけではなく会社も見ているよといったような姿勢も受講者に示すことができたんじゃないかなというふうに思います。

当社の教材はどういった企業におすすめか

御社が提供している講座は弊社のような全国展開のゼネコンだけではなく磁場のゼネコンとか道路会社とかハウスメーカー、地元の工務店を含めて幅広くニーズはあるというふうに思います。 弊社も非常に教育の支援ということは悩んでいたんですけど、従来の大手さんの2社さんは非常に施工管理技士でも高価な30万円以上するような高コストでかつ一番の問題は現場の勤務者がその講習を受けるためには例えば福島の今の東日本大震災の復興事業に携わっている人達が仙台まで行かないといけないという時間的な制約というのは非常に大きいのでお金で解決する問題だけではなく時間的要素というものが非常にハードルが高いんですね。
それがこのeラーニングといって、今はどこでもインターネットが繋がっていますのでeラーニングを提供して頂くことで現場にいる人も内勤の技術者も公正にそういったチャンスが受けられるというのは最大のメリットであると思います。
あとはコストの問題も含めてそういった意味では地元の小さな会社でも、または個人でやっている方についても何とかこのぐらいのお金だったら自分で自腹を切ってでも受けてみようかなといったようなコストなのではないかなというふうに思っています。
最終的には合格率の実績が大きなポイントになると思いますが、従来の本だけ買って勉強をするよりも弊社のこのSATeラーニングを受講した声として大きいのは「やる気が出る」というかそういった意味では会社が提供してくれたことでやらなければいけないという気持ちになったという声も少なからずありますので、会社としてもそういった意味では貢献できているのではないかなというふうに今後も期待していきたいと思います。


当社の教材を選んだ理由

利便性ですかね。
なかなか自宅で勉強するというのは、私も経験者ですけど大変なことなので一番大事な余裕のある電車の中とかでスマホで勉強できるというのは選んだ理由の一番かなと。 あとは価格ですかね。
金額が資格系の予備校に行くより全然安いのでそこも選んだ理由の一つかなと思ってます。

受講生の声

さきほどの質問と被りますけど、スマホとできるというのが一番のようですね。
好きな時間に好きな時間勉強できるということ。
5分とか10分とかそういうパームでもできますし、繰り返し同じことを何度も聞けますしそういうことは非常に素晴らしいというふうに聞いております。

eラーニング導入前と後で一番変化したこと

まず、一番よかった、ありがたいなと思ったことは意識が変わりましたね。
今までは「やれ、やれ」と「自分のためだよ、頑張りなよ」と言ったところでなかなか最初の一歩を踏み出せなかったわけですけど会社側でeラーニングを導入することによっていいきっかけにはなったんじゃないかなと思います。
あとは併せて先輩の人達がこの仕組みを導入することによって「やばい。自分もやらないと後輩に追い越される」みたいなそういうことを思って勉強をし始めた人達も結構いるので、そういう面においてもよかったかなというふうに思っておりますね。

特にいいと思う機能

私から見てまずは普通資格系の学校に通っているとどういう進捗状況なのかとかどれだけ勉強しているんだということは全くわからないわけですけど、これは会社が導入しているところもあり 進捗を裏側で確認することができるので進んでいない人に対しては「どうしてなの?」ということで確認することができるということは他のものではないので、そこが特徴的なところかなと思います。

当社の教材はどういった企業におすすめか

資格を取るにあたって一番大事なことは毎日繰り返し勉強することが一番大事だと思うんですよね。
色々な企業さんで色々な講習をされていますけど、3日間とか1週間とか缶詰でみたいなことがありますけど、なかなかそうやって取れるような資格ではすべてにおいてないので、こういうSAT様が 導入されてるようないつでもできる、気軽にできる、強い気持ちさえ持てば毎日ちゃんと勉強していけば、私はこの仕組みで必ず受かると思いますので、特に大手さんは別としても中小企業さんの そういう資格制度みたいなものを導入されている会社の方々には是非このSAT様のeラーニングの仕組みを導入されてはいかがかなというふうに思っております。


当社の教材を選んだ理由

弊社は建設技術者の方の転職支援を行っておりまして2012年の分社化から約1000名の転職実績を持っている会社でございます。
建設技術というと施工管理、設計職の支援というところをメインにさせて頂いているんですけど今、この業界の中で人手不足ということが相当言われている中で有効求人倍率も4.7倍であったり 31万人の建設技術者を順次頂いていますけど、このうちの約3割が55歳と高齢化になっていて向こう10年で10万人がリタイアすると言われている業界、この特性があるという状況でございます。
なので、今後我々も建設業界に特化して人材サービスをやるにあたって当然その転職で適材適所のマッチングを図りたいというところはあるんですけど、そもそもの絶対数が不足してしまう。 ここを何とかできないかというところを非常に考えておりました。 その中でSAT様と出会うことができまして育成に対して我々も力が入れられるのではないかと。
SAT様が建設業界の国家資格、ここで50講座以上のラインナップ、ここまでの講座をラインナップされている会社さんは探してもなかったんですね。
それでされていらっしゃるというところで是非我々の登録者の方とか決定者の方に展開をしていきたいなというところを一番はじめのきっかけでございます。

受講生の声

まずはeラーニングになるので通勤であったり電車内であったり休憩時間とかに家でなくても会社でなくもできるというところは非常にメリットだということを頂いております。
その他には画面でテキストに先生が直接書かれるような非常にビジュアル化でよりわかりやすいというところは好評を頂いております。

特にいいと思う機能

eラーニングでどこでも受けられるというところが非常にメリットだと思います。
特に現場監督の方ですと通常忙しくてなかなか時間が割けないというところを例えば休憩時間の細切れの時間とかに5分10分でも勉強ができるというところは非常にいい点かなというふうに 思っております。
あとは講義経験が豊富な講師陣が教えて頂いて実績が教育というのは非常に重要だと思うのでそこの点はすごくメリットに感じております。

当社の教材はどういった企業におすすめか

社員教育に今後力を入れていきたい企業様に非常におすすめだと思ってます。
特に建設系の企業様の採用育成定着、今後これが中期の課題でもあるかと思うんですけどそれをやるにあたってもこのeラーニングというものが非常に有効性は高いというふうに考えてます。 今、当社は建設技術者の方々が約8000名ほどご登録頂いているんですが、この方々に独自でアンケートを取ったんですね。
そこでも建設技術者、従事している方々に聞いても今資格を保有している、していない関わらず60%以上の方々今後何かしらの資格を取りたいというふうに思っていらっしゃって、実際に今までの勉強はどうだったかというと独学で実費という方々が大半なんですね。
それを考えると今後採用をしたい、育成をしたいという時の他社さんとの差別化としては、会社がしっかり法人パックという形で負担をしてあげて、技術者の方々に学ばせるという仕組み、スキームができると非常にそれを魅力に思って応募が増えたり、実際に教育を受けてeラーニングを受けてスキルアップをしていく、しかもそれが定着するという効果が見込めるのではないかなというふうに考えております。
なおかつコストパフォーマンスですね。
というところも非常に素晴らしいので、今までなかなか社員の教育に力を入れられなかった中堅・中小の建設会社様は是非導入をされると今後の伸びしろというのも大きくなるのではないかなというふうに考えております。


人材不足といわれる業界ですが、優秀な人材を確保し、業績が好調な企業様で共通しているのは社員教育体制をしっかりと確立されているということです。仮に採用数の確保が少なくても一人一人のパフォーマンスを上げ、従業員のモチベーションを維持させ離職率の低下を成功させています。

特に業績が好調な企業様ほど仕事に直結する内容の社員教育社員のモチベーションを上げる社員教育の両方を実施されています。

今回、上記の2つの社員教育を同時に効率的に行うことができる方法についてご紹介させていただきます。

資格取得は第一の目的ではありますが、資格取得という目標達成に向けて社員が自動的に学習をするだけでなく、自ら課題を克服する自律型人間の育成ができます。 これは、SATの学習システムと世界に広がる原田メソッドが融合したことによります。

勿論、資格を取得させる過程で、社員の専門知識が増え施工不良のリスクが低下し、資格を取得した際には客観的に専門知識を有していると認められるので、安心して仕事を任せることができます。また、資格取得の勉強を通じて社員は充実した気持ちで成長を実感し、会社が資格取得の支援をすることで社員は会社に育ててもらっていると感じ会社への所属意識が向上します。

教材だけを提供しても効果はでません
残念ながら、教材だけを会社が提供して「勉強するように」と言っても、そのままではほとんどの社員が学習を継続することは困難です。現場仕事が多い社員ならなおさらです。これが他社の通信教育を導入しても効果がでない原因の1つでした。

「原田メソッド」をご存知の方もいらっしゃるかもしれません。原田メソッドは、大阪の“ふつう”の中学生を7年連続13回の陸上日本一に変えた具体的な目標達成法です。つまり、特別な才能や素質がなくても誰でも簡単に目標が達成できる方法です。教育現場だけでなく、日本ハムファイターズなどのプロスポーツチームから、ユニクロやキリンビールなどの大企業、さらにはアメリカやイタリア、オランダなどの欧州各国、中国、台湾などアジアでも採用されているメソッドです。つまり日本のみならず世界中で、さらにはあらゆる分野で効果が実証されている実践的な講座です。

今回SAT用に収録された原田隆史氏の動画講義のあと、効果実証済みの目標達成シートに取り組んでいただくことで、最大限の学習効果を発揮し、自立型人間の育成が短期間に可能です。

毎年全国の講習会場で実績を上げている総勢14名の一流講師が得意分野の講義をしてくれるため、独学よりも、何倍も速く学習がすすみます。書籍による学習が苦手な方でも、動画であればテレビを見るように非常に楽に学習がすすみます。何度も動画を視聴することで、試験に出題されるフレーズを自動的に暗記することができます。

現場仕事から帰ってきて自宅の机で毎日学習をする。これは意志の強い方の学習法です。多くの方は現場仕事を終えると疲れてなかなか学習をすることができません。SATでは高品質な動画教材がスマートフォンでも視聴できます。まとまった時間がとれなくても、通勤時間や隙間時間を利用してスマートフォンで学習を進めれば、知らず知らずのうちに合格ラインに到達していきます。

SATの講座はどの講座も1講座が30分以内になるように作られています。これは人間の集中力が持続するのが30分が限界といわれているからです。30分ですので、勉強する際も気軽にできますし隙間時間も有効活用できます。 合格というゴールに対していきなり大きくステップアップをするのではなく、毎日少しずつ階段を上る事でだれでも合格ラインに到達することができます。

通常試験前に実施されている講習会は朝から夕方まで一気に詰め込む講習会がほとんどです。日々、勉強をしていなかった方が、3日間程度の講習会を受講するだけで合格できるほど試験は甘くありません。講習会では理解できない個所やもう一度聞きたい講義があっても2度と聞くことはできませんが、SATなら繰り返し納得がいくまで何度でも視聴できます。さらに倍速機能もあるので、より短期間に講義を復習することも可能です。

社員に学習教材を提供した後、社員がきちんと学習を継続しているかを容易に把握することができます。どうしても学習が進んでいない社員に対しては個別の面談を設けるなどのフォローアップをすることで、全体からの脱落者を未然に防ぐこともできます。

すべての講座には専用カラーテキストがあります。 このテキストは講師の方にすべて執筆していただきました。 長年の経験をもとに試験に出題されるポイントを中心に執筆をしていただいているために、全く無駄がありません。

講義画面の背景には手元のテキストと同じ内容が映し出されるので、手元にテキストがなくても大丈夫です。 法人パックサービスは通常、テキストは別売りになりますが、印刷されたテキスト冊子にメモをとるなど書き込みをすればさらに記憶・理解の定着に役立ちします。

技術系国家資格を中心に約28資格50講座を開講しています。 講座開講数は業界一です。 28資格から一人ひとりお好きな講座を選ぶことができます。 1か月ごとにお好きな講座を変更することも可能ですので、複数の資格を取得することもできます。

講座名 講座時間 テキスト 問題集
一級建築施工管理技士(学科) 約15時間 1冊 1冊
一級建築施工管理技士(実地) 約7時間 1冊 1冊
二級建築施工管理技士(学科・実地) 約20時間 1冊 1冊
一級土木施工管理技士(学科) 約14時間 1冊 1冊
一級土木施工管理技士(実地) 作成中 1冊 1冊
二級土木施工管理技士(学科・実地) 約12時間 1冊 1冊
一級電気工事施工管理技士(学科) 約26時間 1冊 1冊
一級電気工事施工管理技士(実地) 約6時間 1冊 1冊
二級電気工事施工管理技士(学科・実地) 約17時間 1冊 1冊
一級管工事施工管理技士(学科) 約18時間 1冊 1冊
一級管工事施工管理技士(実地) 約12時間 1冊 1冊
二級管工事施工管理技士(学科・実地) 約20時間 1冊 1冊
一級建設機械施工技士(学科) 約15時間 1冊 1冊
一級建設機械施工技士(実地) 約2時間 1冊 テキストに含む
二級建設機械施工技士(学科・実地) 約14時間 1冊 1冊
給水装置工事主任技術者 約18時間 1冊 1冊
ガス主任技術者甲種 約23時間 1冊 1冊
冷凍機械責任者 約15時間 1冊 1冊
消防設備士乙種四類 約7時間 1冊 テキストに含む
消防設備士甲種 約9時間 2冊 テキストに含む
2級ボイラー技士 約16時間 2冊 1冊
建築物環境衛生管理技術者 約33時間 2冊 1冊
危険物取扱者乙種四類 約15時間 1冊 2冊
危険物取扱者乙種一二三五六類 約6時間 1冊 2冊
危険物取扱者甲種 約14時間 1冊 2冊
第一種電気工事士 約10時間 1冊 テキストに含む
第二種電気工事士 約13時間 2冊 テキストに含む
第三種電気主任技術者 約70時間 6冊 1冊
第一級陸上特殊無線技士 約36時間 2冊 1冊
第一種衛生管理者 約11時間 2冊 1冊
第二種衛生管理者 約8時間 2冊 1冊
労働安全コンサルタント 約15時間 1冊 1冊
公害防止管理者水質1種 約14時間 5冊 5冊
公害防止管理者水質2種 約12時間 4冊 4冊
公害防止管理者水質3種 約12時間 4冊 4冊
公害防止管理者水質4種 約10時間 10冊 10冊
公害防止管理者大気1種 約36時間 6冊 テキストに含む
公害防止管理者大気2種 約29時間 5冊 テキストに含む
公害防止管理者大気3種 約32時間 5冊 テキストに含む
公害防止管理者大気4種 約25時間 4冊 テキストに含む

まず、原田メソッドの研修に丸1日を使ってください。丸1日を確保するのが難しい場合は、半日ずつ2日間に分けて行ってください。原田メソッドの講義は60分×3本あります。ただ見るだけではなく、考えたり、シートに記入する時間も必要ですので、3時間では終わりません。 おそらく、この1.5倍~2倍の時間が必要でしょう。

しかし、この時間を最初に確保することで後々のパフォーマンスが大きく異なってきます。 1回目の視聴は社員任せにせずに、全員で視聴するようにしてください。

そして、講義を必要に応じて止めて、ワークシートに記入をし、グループごとに短時間互いのシートを見せ合うなどすればより効果が発揮されます。

最終的に講義をすべて視聴し、ワークを終えると「長期目標設定シート」と「ルーティンチェック表」と「日誌」が出来上がります。

その後、教育担当者はSATのEラーニング管理画面より社員様の学習状況を見ながら定期的に面談を実施してください。
教育担当者様の労力は増えますが、この定期的な面談が大きな効力を発揮します。 この手法である企業様は前年の合格率57%だったところを95%までもっていかれました。

面談を通じて、社員とのコミュニケーションを深めることはいち早く社員の悩みや考えに気づき、結果的に離職率の低下にもつながります。

資格取得という目標を設定させることで得られる日々の成長、充実感は学習している本人は勿論のこと御社にとっても必ずプラスに働きます。
そして資格取得に成功されましたら、次は別の目標設定も同様にしていただければさらなる御社の飛躍につながります。

今回、資格取得支援パックと原田メソッドの両方がセットで利用できます。 一般的な通信教育では、1人当たり10~20万円します。さらに原田隆史先生の研修の参加費は1人1日4万円~5万円はします。しかし、私たちの会社のミッションの一つに、「最高の教材をすべての人に提供する」というものがあります。より利用しやすい価格でより多くの人に利用していただきたいために今回、以下の価格で提供させていただきます。

初期費用は必要ありません。受講費用は受講した人数分だけです。

受講人数 価格
10人~30人 1人当たり5,000円(税別)/月
31人~49人 1人当たり4,500円(税別)/月
50人~69人 1人当たり4,000円(税別)/月
70人~99人 1人当たり3,500円(税別)/月
100人~ 1人当たり3,000円(税別)/月

※最低契約月数は2か月となります。
※受講人数によっては料金表の下位の料金体系の方がお得になる場合がございます。
例)30名分⇒150,000円(税別)/月 31名分⇒139,500円(税別)/月
この場合は、料金が安価な方を適用いたします。

当社の手法は効果実証済みですが、ご不安な場合は、直接御社に説明に参ります。
ご希望の場合は、当社まで電話もしくはメールにてお問い合わせください。
TEL:06-6310-1666(平日10:00~16:00)担当:小林
Mail:info@sat-co.info

手順 手続き 御社 SAT
説明会のお申し込み(ご希望の場合)  
弊社より御社にスタッフが説明をしに参ります(ご希望の場合)  
説明会終了後にホームページもしくは電話にてお申込み  
講座代金のご請求  
講座代金のご入金  
アカウント発行に必要な定型フォーマット(EXCELデーター)をメールにて送信  
定型フォーマットに受講者名・希望IDを記載してメールにて送信  
3営業日以内にアカウントをメールにて送信  

是非、仕事に直結する社員教育とモチベーションアップが同時に得られるSATの教材をご利用ください。いずれ会社にとって必要なパフォーマンスの高い人材が育ちます。 1人の人材流出を防ぐことは1人の新たな人材を確保するよりも、ずっと低コストで労力もかかりません。
企業は人といいますが、是非、御社にとってすばらしい人材を資格取得を通じて確保してください。

1)最下部の申し込みフォームよりお申し込みください。見積書も入力フォームからお客様自身で発行いただけます。

2)自動返信メールに記載されている料金を弊社指定の銀行口座にお支払いください。

3)入金確認後、担当者様宛に、アカウントをメールにてお送りします。
 テキストも別途購入いただけますので、ご希望の場合はお知らせください。

ぜひ、従業員の資格取得に弊社e-ラーニングをご利用ください
課題提出などはありますか?
特にございません。問題集が多くの講座でついておりますので、こちらで理解度の確認をしていただけます。
質問はできるのでしょうか?
メールにてご質問対応をさせていただいております。弊社の質問専用アドレスにご質問いただければ弊社から講師の先生へメールを転送し、講師の先生から回答が返ってきましたら、受講生へ転送させていただきます。通常、2,3営業日以内に返信させていただいております。
最低契約月数は何カ月でしょうか?
2か月となっております。その後、1か月更新です。
テキストは別途購入しなければならないのでしょうか?
法人契約パックにはテキストが講義画面に映し出されますが、同内容の印刷された冊子類を希望される場合は別途購入することができます。
1つのIDで複数人受講することは可能でしょうか?
1つのIDで同時ログインはできないようになっています。例えばスマートフィンとPCで学習される場合などでは、どちらかの機種で一旦ログアウトしていただく必要がございます。また複数名で学習をされますと、教育担当者の方は受講者ごとの学習進捗状況などが把握できなくなってしまいます。
領収書は発行可能ですか?
発行可能です。希望される場合はお申しつけくださいませ。

」は必須項目です。必ずご記入ください。
※携帯電話のアドレスは申込み時の自動返信メールが届きませんので、PCアドレスでのお申し込みをお願いいたします。(特にdocomoの場合に多く報告がされています)

 
お申し込み人数*
受講人数 価格
10人~30人 1人当たり5,000円(税別)/月
31人~49人 1人当たり4,500円(税別)/月
50人~69人 1人当たり4,000円(税別)/月
70人~99人 1人当たり3,500円(税別)/月
100人~ 1人当たり3,000円(税別)/月
  • 法人プラン
    数量
    オプション
    • 料金プラン

※初回のみ2ヶ月分の前入金となります。
※受講人数によっては料金表の下位の料金体系の方がお得になる場合がございますので、 ご注意ください。
例)30名分⇒150,000円(税別)/月 31名分⇒139,500円(税別)/月

ご注文者情報*
種別  
会社名
氏名  
フリガナ  
メールアドレス
お客様がご利用のメールサービスにて受信拒否等になっていないかご確認いただけます。 テストメール送信
郵便番号 - 住所検索
都道府県
市区郡・町名・番地
建物名
電話番号 - -
お支払い方法

  • 当社では株式会社クラウドペイメントに決済代行を委託しており、ご入力いただいたカード情報は当該会社で管理されます。当社では保存されませんので、ご安心ください。
  • ご利用カードによっては分割払いをご利用できない場合があります。
カード種類
カード氏名
入力例:TARO YAMADA
(名前と苗字の間には、スペースを入れてください。)
カード番号
入力例:4444333322221111
(ハイフン、スペースなどは入力しないでください。)
有効期限 月 /

↑それぞれ選択してください。カードには、月/年の形で刻印されています。

支払回数

資格系BLOGはこちら

PAGE TOP