高気圧障害の原因や予防方法とは?潜水に潜むリスクを知っておこう。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

水中では、体が何かに押し戻されるような感覚を覚えるでしょう。
これが水圧です。
中学や高校の物理の授業で、水圧について習った方も多いともいます。
潜水作業をするときにこの水圧が人体に悪影響を与える症状を、まとめて高気圧障害というのです。
そこで、今回は高気圧障害の原因や予防についてご紹介しましょう。
潜水士の活躍を描いた映画やドラマを見て、この高気圧障害のことを知ったという方もいると思います。
高気圧障害は潜水士の方だけ出なく、レジャーでダイビングを楽しむ方もかかる可能性のある病気です。
この記事を読んでしっかりと予防法を学んでください。

目次

  1. 体の器官と気圧の関係
  2. 高気圧障害の原因と症状とは?
  3. 高気圧障害を予防するためには?
  4. おわりに

1.体の器官と気圧の関係

私たちの体は、通常平地の気圧下で正常に働くようにできています。
気圧とは、大気の圧力のこと。すべてのものには圧力があり、水中には「水圧」というものがかかるのです。
私たちの体は、酸素を取りこんで二酸化炭素を吐きだしています。
取りこんだ酸素は血液に乗って各臓器や細胞に運ばれて、代わりに二酸化炭素を受け取った血液が心臓へと戻り、ろ過されるのです。
その後、二酸化炭素は吐息として吐きだされます。
つまり、私たちの体内には常に気体が存在するのです。
この気体は圧力の影響を受けて圧縮したり膨らんだり、また気泡ができたりします。
この体内の気体が健康状態に悪影響を与えるのです。
ちなみに、水中だけでなく高い山に上ったときなども気圧の変化で健康に悪影響が出ることもあります。

12