氷蓄熱のしくみや種類とは?どんなところに導入できるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

氷蓄熱とは、空調システムの一種で氷やお湯を作って冷暖房に活用するシステムです。
エコな空調として自治体も推奨しており、新しくビルを建てる際にこの空調システムを入れると補助金が出るところもあります。
今回は、氷蓄熱のしくみや種類をご紹介しましょう。
氷蓄熱を利用した空調システムはメリットも大きいですが、デメリットもあるのです。
それをよく理解してビルの空調を選ぶ際に役立ててください。
管工事施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみましょう。

  1. 氷蓄熱空調システムとは?
  2. 氷蓄熱の種類は?
  3. 氷蓄熱空調システムのメリットとデメリットは?
  4. 氷蓄熱空調システムを導入する際の注意点
  5. おわりに

1.氷蓄熱空調システムとは?

氷蓄熱を利用した空調システムとは、夜間電力の安いときに氷を作っておきそれを昼間冷房に利用するシステムのことです。
ビルは一般の住宅とは違い、窓の開閉をして室温や湿度を調整することはできません。
ビルが大きくなるほど空調システムが重要になってくるでしょう。
かつてビルの冷房といえば水冷式エアコンが一般的でした。
これは、水を利用して空気を冷やすシステムです。
家庭用のエアコンよりも広い面積を効率よく日痩せるのですが、光熱費がかかり排熱が発生するのが欠点でした。
氷蓄熱式の空調システムは、水冷式に比べると氷を使う分光熱費が節約でき、排熱も抑えられます。
さらに、冬は同じ時間に今度はお湯を作り、暖房に活用するのです。
家庭用の給湯器の一種に「深夜電気温水器」というものがありますが、基本的な原理は一緒になります。
現在、氷蓄熱空調システムはビルなどに設置する業務用のものだけが製造されていますが、これから家庭用も開発されるということです。

12