労働安全衛生法に基づく資格の種類や取得する方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

労働安全衛生法とは、労働者が安全かつ衛生的に仕事ができるように定められた法律です。もともとは労働基準法の一部でしたが、昭和47年に独立した法律になりました。この、労働安全衛生法に基づいて、いくつもの資格が定められています。

そこで、今回は労働安全衛生法に基づいて定められている資格について解説しましょう。

  1. 労働安全衛生法とは?
  2. 労働安全衛生法の概要
  3. 労働安全衛生法に定められている資格について
  4. 各種資格の取得方法について
  5. 労働安全衛生法などに対するよくある質問

この記事を読めば、労働安全衛生に関わる仕事についてもよく分かりますよ。安全管理者や衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.労働安全衛生法とは?

労働安全衛生法とは、前述したように労働者が安全かつ健康的に仕事が行えるように職場環境の整え方や、体に有害な物質や危険を伴う作業についての規則を定めた法律です。
また、労働者の健康を保持するために行わなければならないことなども定められており、会社員が毎年1回行う健康診断も、労働安全衛生法によって実施が義務づけられています。
近年は、技術の進歩や安全教育の浸透により、体に有害な物質が原因で起こる労働災害は減少傾向です。その一方で、長時間労働やパワハラに代表される過重労働が原因の労働災害は増加しています。
そのため、労働安全衛生法の徹底が改めて各職場に求められているのです。