産業医になるには何が必要? 労働衛生コンサルタントの資格も詳しく!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

企業が健全な状態で利益を上げ続けるためには、労働者が自分の仕事に打ち込んで成果を出すことが必要不可欠です。そのためにも、職場環境を整えたり健康管理をしっかり行ったりすることが必要となります。産業医は、労働者の健康を守るために必要な存在です。今回は、産業医について興味のある人のために、資格概要や取得の方法について詳しく解説します。また、関連資格として労働衛生コンサルタントの取得についても学んでください。必ず役に立つことでしょう。

  1. 産業医とは
  2. 産業医を置くべき職場について
  3. 産業医と労働衛生コンサルタントの違い
  4. 産業医の資格について
  5. 産業医の資格に関するよくある質問に回答します!

記事を読んだ人は、産業医に関して深く理解することができます。具体的な取得方法についても自分がどんな方法を選ぶべきかわかることでしょう。なお、労働衛生コンサルタント資格を取ることで産業医としての仕事にプラスに働きます。将来性を考えても、損はありません。まずは、記事をじっくり読んで詳細を学んでください。


1.産業医とは

まずは、産業医の基本について学ぶことにします。定義や職務だけでなく、目的や必要性までしっかり頭に入れましょう。

1-1.産業医の概要と法律での定義

産業医とは、労働者の健康管理を行うための医師のことです。産業医に関しては、労働安全衛生法によって一定の条件を満たす事業場で選任の義務があります。産業医になるには、まず医師資格があることが大前提です。医師である者が、規定の研修を修めたり労働衛生コンサルタントの資格を得たりすることでなることができます。

1-2.産業医の職務とは

  • 健康診断の実施
  • 月100時間以上残業をした労働者に対する面接指導
  • 労働者のストレスチェックの実施
  • 労働者の作業環境の改善と指導
  • 毎月1回以上の作業場巡回
  • 労働者に対する衛生教育
  • そのほか労働者の健康維持に関する指導

上記のように、産業医は労働者たちの健康に関する責任を負っているのです。

1-3.産業医の目的や必要性について

労働者が、作業場で安全かつ健康に働くためには専門知識を得た人材が適切に管理をすることが必要となります。そのため、労働者たちの健康を守るとともに、適切な職場環境を作ったり改善したりするために産業医を置くのです。産業医の存在は、労働者たちにとっても企業にとってもメリットが大きいと考えてください。健全な経営は、労働者の健康管理なくしてあり得ないのです。