労働安全コンサルタントの参考書や問題集、おすすめはどれ?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

労働安全コンサルタントとは、企業の求めに応じて職場の安全診断を行い、指導をすることができる資格です。労働災害が発生したり、職場に新しい機械や技術を導入したりした場合などに、依頼されることが多いでしょう。取得をすれば独立も可能なので、長年職場で安全管理の仕事に就いていた方にも人気の資格です。ただし、難関資格の一つですので、資格取得をするにはしっかりと勉強をして万全の状態で試験に臨みましょう。

今回は、労働安全コンサルタントの試験勉強におすすめの参考書や問題集などをご紹介します。

  1. 労働安全コンサルタントの基礎知識
  2. 資格取得までの流れ
  3. 労働安全コンサルタントの試験勉強方法
  4. おすすめの参考書・問題集
  5. 労働安全コンサルタントに関するよくある質問

この記事を読めば、労働安全コンサルタントの試験対策がよく分かるでしょう。労働安全コンサルタントの資格取得を目指す方は、ぜひ読んでみてください。


1.労働安全コンサルタントの基礎知識

はじめに、労働安全コンサルタントの職務や資格を取得後の働き方などをご紹介します。資格を取得すると、どのような仕事ができるのでしょうか?

1-1.労働安全コンサルタントとは?

労働安全コンサルタントとは、前述したように企業の求めに応じて職場の安全点検や指導を行い、職場の安全水準を向上させる役割を担うことができる職務です。職場の安全管理を行う職務というと、安全管理者がいます。しかし、労働災害が発生した場合や新しい技術や機械を導入する場合などは、外部から、より専門的な知識を持つ人の点検や安全管理についての指導を受けた方が効果的でしょう。

また、厚生労働省や労働基準監督署などから、労働安全コンサルタントを招いて指導や点検を受けなさい、と職場が勧告を受ける場合もあります。

1-2.労働安全コンサルタントの働き方とは?

労働安全コンサルタントと職場の安全管理者との違いは、他の会社で安全指導や安全点検を行えることです。労働安全コンサルタントの資格を利用して働きたい場合は、コンサルタント会社や公共の組織に所属し、派遣要請に応じて安全指導や点検を行います。条件が整えば、独立することもできるでしょう。社会保険労務士の資格も取得していれば、労務管理や社会保険の相談にも乗ることができます。長年職場で安全管理の仕事をしており、定年を迎えても安全管理の知識や経験を生かして働きたいという方にも、おすすめの資格です。

労働安全コンサルタントの業務は、資格を取得すれば年代に関係なく行えます。ただし、従業員に指導を行ったり必要とあれば経営者と渡り合ったりすることもありますので、年配者の方が仕事がやりやすいケースも多いでしょう。

1-3.労働安全コンサルタントの資格を取得するメリット

労働安全コンサルタントの資格を取得すれば、いろいろな場所で安全教育や指導を行えます。長年培ってきた安全管理の知識や実務経験を生かすことができるでしょう。また、コンサルタント業務は定年を超えても比較的続けやすい仕事です。ですから、少しでも長く仕事を続けたいという方にとっても、資格を取得するメリットは大きいでしょう。

1-4.労働安全コンサルタントの資格を取得する方法

労働安全コンサルタントの資格は労働安全の実務で一定期間の経歴を積むか、技術士・1級建築士・第一種電気主任技術者・医師・歯科医師・薬剤師など、特定の資格を取得した後、国家試験を受けて合格しなければなりません。受験資格の詳細は、安全衛生技術試験協会の該当ページを確認してください。
なお、技術士など一定の資格を取得していると、試験の一部が免除されます。詳しくは、協会のホームページを確認してください。