消防設備士試験の製図問題とは? 過去問を解けば大丈夫? 解説します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

消防設備士とは、オフィスビルや大規模な商業施設・学校・劇場など不特定多数の人々が出入りする施設で、消防設備や避難用具の設置工事をしたり保守点検を行ったりすることができる資格です。一定以上の規模を持つ建物には消防法に基づいた消防設備の設置義務があります。ですから、消防設備士の需要も豊富です。また、消防設備士はビル管理の仕事に就く際にも有利に働くため、転職のために資格取得を目指す方も多いことでしょう。

そこで、今回は消防設備士の試験対策について製図問題や過去問の取り扱われ方を中心にご紹介します。

  1. 消防設備士の基礎知識
  2. 製図以外の試験問題の内容や試験の受け方
  3. 製図問題を中心とした試験勉強のコツ
  4. ​消防設備士の試験に関するよくある質問

この記事を読めば、消防設備士甲種の試験勉強のコツがつかめることでしょう。消防設備士甲種の取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.消防設備士の基礎知識

はじめに、消防設備士とはどのような資格かということや、資格を取得するメリットをご紹介します。取得をすればどのような職務に就けるのでしょうか?

1-1.消防設備士とは?

消防設備士とは、前述したように消火器やスプリンクラーなどの消火設備や、火災報知器のような自動火災報知設備・避難用具などの設置工事や保守点検を行うことができる資格です。
現在は消防法に基づき、不特定多数の人々が出入りする一定規模以上の建物には消火設備や自動火災報知設備などの設置が義務付けられています。また、いざというときに消火設備などが正常に作動するためには定期的な点検が欠かせません。このような建物は、自社で消防設備士の有資格者を雇用したり、消防設備士を派遣してくれる会社と契約したりして建物の安全を守っているのです。

1-2.消防設備士の種類や分類とは?

消防設備士には、甲種・乙種の2種類があります。その中で甲種は特類と1~5類まで、乙種は1~7類に分類されているのです。1類~5類までは甲種・乙種ともに同じ消防設備を保守点検できます。なお、甲種は保守点検に加えて消防設備の設置工事が可能です。乙種の6類消火器の設置と点検、7類は漏電火災警報機の保守点検が行えます。どちらも設置工事はありませんので、甲類に6.7類は存在しません。また、甲種特類というのは、特殊消防用設備等の設置工事や保守点検ができる資格です。これは甲種だけの資格になります。
現在のところ、取得すればすべての消防設備の設置工事と保守点検を行えるという資格はありません。試験にのぞむ前にそれぞれの資格区分の工事や保守点検が行える消防設備の内容を確認し、必要ならば複数の資格を取得しましょう。

1-3.消防設備士の難易度や資格を取得するメリット

消防設備士の難易度は種類によって若干異なりますが、ふつう~やや易しい程度です。勉強は暗記が中心であり、知識がなくても勉強していれば理解できるようになることが多いでしょう。独学用の参考書や過去問題集・通信教材も豊富です。資格を取得すれば、消防設備の保守点検を行う会社やビル管理を行う会社への転職が有利となるでしょう。設置工事や保守点検はある程度年齢が高い方でも行えますので、中高年で転職したいという方や定年後もう一度働きたいという方にもおすすめです。

12