消防設備士試験の製図問題とは? 過去問を解けば大丈夫? 解説します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

消防設備士とは、オフィスビルや大規模な商業施設・学校・劇場など不特定多数の人々が出入りする施設で、消防設備や避難用具の設置工事をしたり保守点検を行ったりすることができる資格です。一定以上の規模を持つ建物には消防法に基づいた消防設備の設置義務があります。ですから、消防設備士の需要も豊富です。また、消防設備士はビル管理の仕事に就く際にも有利に働くため、転職のために資格取得を目指す方も多いことでしょう。

そこで、今回は消防設備士の試験対策について製図問題や過去問の取り扱われ方を中心にご紹介します。