陸上特殊無線技士の需要とは? 求人の内容を詳しく紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

陸上特殊無線技士とは、陸上で無線通信を行う際に無線局に設置されている無線設備を扱える資格です。テレビの中継局や携帯電話の基地局、警察や消防・タクシーの無線設備の操作にも有資格者は欠かせません。知名度の高い資格ではありませんが、需要は高く求人も豊富です。

そこで、今回は陸上特殊無線技士の資格を取得する方法や、どのような求人があるのかということをご紹介します。

  1. 陸上特殊無線技士に関する基礎知識
  2. 陸上特殊無線技士の求人について
  3. 陸上特殊無線技士の資格を取得する方法
  4. 陸上特殊無線技士や有資格者の求人に関するよくある質問

この記事を読めば、陸上特殊無線技士の資格を取得する方法やメリットがよく分かるでしょう。陸上特殊無線技士の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.陸上特殊無線技士に関する基礎知識

はじめに、陸上特殊無線技士とはどのような資格かということをご紹介します。取得をすればどのような職務に就けるのでしょうか?

1-1.陸上特殊無線技士とは?

陸上特殊無線技士とは、陸上にある無線局にある無線設備を技術的に操作することができる資格です。もともと陸上にある無線局の設備を技術的に操作する資格としては、陸上無線技術士という資格がありました。陸上特殊無線技士は、携帯電話などの開発により小規模な無線局が増加し、技術者の需要が増加することを見込んで1989年に制定されたものです。陸上無線技術士よりも扱える設備や周波数・空中電力の出力などに制限がありますが、その分資格取得が容易で有資格者の求人もたくさんあります。

1-2.陸上特殊無線技士の種類とは

陸上特殊無線技士は1級~3級までと、国内電信級陸上特殊無線技士があります。国内電信級は、国内通信のための通信操作に限って行える資格なので、特殊無線技士の中でも別格扱いになっているものです。1級が最も幅広い周波数空中電力の強い無線設備を扱えます。各級の具体的な空中電力や周波数を知りたい場合は、日本無線協会のホームページを確認してください。

1-3.陸上特殊無線技士の資格を取得するメリットとは?

私たちの周りには、たくさんの無線を受信する機器があります。携帯電話やテレビ・ラジオも無線を受診して音声や映像を伝えるのです。テレビやラジオ・携帯電話・インターネットの電波を発信する基地局で無線設備を操作するためには、陸上特殊無線技士の資格は欠かせません。
現在は、電波法の改正により主任無線従事者の監督下でしたら、無線設備の限られた操作を行うことができます。しかし、モールス信号の発信など無資格者では行えない操作も多いのです。陸上無線設備のある職場に就職する場合は、資格を取得しておいて損はないでしょう。

12