公害防止管理者として働きたい人は必見!資格の取得方法や内容について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

作業場にはさまざまな危険が潜んでいるものです。働いている人の健康を守るためにも、大切な役割を担っている人がたくさんいます。健康を守る仕事の中でも「公害防止管理者」について説明しましょう。公害防止管理者とは何なのか、資格や試験の難易度、就職先を詳しく見ていきます。公害防止管理者を目指している人、資格を取得したい人はぜひチェックしてくださいね。

  1. 公害防止管理者の資格について
  2. 試験の難易度や勉強法
  3. 資格取得後の就職先
  4. まとめ

1.公害防止管理者の資格について

公害防止管理者として働くためには「資格」を取得しなければなりません。試験を受ける前に、公害防止管理者としての役割や種類、資格の取得方法について見直しましょう。

1‐1.害となる物質の量を測定する業務

工場などの作業場ではさまざまな物質を扱っています。中には人間の害となるものも含まれているため、注意して扱わなければなりません。「公害防止管理者」は特定の工場において、害となる物質の量を測定する業務を管理する者です。たとえば、燃料や原材料の検査はもちろん、排出水や地下浸透水の汚染状況や粉じんの濃度、排出ガスの中にあるダイオキシンなど公害になりそうな物質の量を測定します。作業場で働いているすべての人を害から守る大切な業務になるのです。しっかり業務を果たすことで、作業員たちは安心して働くことができます。

1‐2.特定の工場とは?

公害防止管理者が働く場所は決まっています。特定の工場において、公害防止管理者を選任しなければなりません。工場の責任者は選任を義務づけています。特定の工場とは、「公害防止組織の設置を義務づけている工場」です。製造業や電気供給業、ガス供給業、熱供給業のいずれかに属している業種になります。また、ばい煙発生施設や特定・一般粉じん発生施設、汚水排出や騒音、振動、ダイオキシンに関する施設は公害防止管理者を置かなければなりません。公害が起きる可能性のある場所はすべてが対象になるのです。

1‐3.公害防止管理者の種類は全部で13種類

公害防止管理者の種類はおよそ13種類もあります。各公害防止管理者は主に大気・水質・騒音・振動・粉じん・ダイオキシン類関係です。作業場で扱う物質の量によって公害防止管理者の種類は異なります。たとえば、大気関係において排気ガス量が1時間当たり4万㎡以上の工場では「大気関係第1種公害防止管理者」の資格が必要です。1時間当たり4万㎡以内の工場では「大気関係第2種公害防止管理者」になります。

以上のように、発生する量によって公害防止管理者の種類も異なるのです。害となる物質の量が多ければ多いほど、より幅広い知識が必要になるでしょう。あなたが働きたい場所によって必要な資格が変わります。まずは、作業場の範囲を把握しながら自分に必要な公害防止管理者の資格を取得してくださいね。さまざまな種類があることを頭の中にいれておきましょう。

12
公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら