公害防止管理者の年収や仕事内容を解説! 資格取得に必要な条件・勉強法も

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

公害防止管理者とは、特定の工場や騒音を出す場所などで、空気や水、そして騒音などの検査をしたり、環境の改善を提案したりする資格です。
特定の工場では、公害防止管理者を選任することを義務付けられています。
そこで、今回は公害防止管理者の年収や仕事内容をご紹介しましょう。
公害防止管理者は、会社が資格取得を勧めてくる場合もあります。
ですから、取っておいて損はない資格ですが、転職や就職には役に立つのでしょうか?
今回はそのあたりのこともご紹介します。
公害防止管理者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 公害防止管理者とは?
  2. 公害防止管理者の仕事内容や年収とは?
  3. 公害防止管理者の難易度と合格率とは?
  4. おわりに

1.公害防止管理者とは?

公害防止管理者とは、大気汚染、水質汚濁、騒音、振動などの公害を防止するために大気や水の状態を調べたり騒音などを観測したりします。
また、調査結果をもとに公害を防止するために必要な技術的な事項を管理することもあるでしょう。
今は、中国で大気汚染をはじめとする環境汚染が問題になっていますが、かつて日本でも公害が深刻な社会問題になったこともありました。工場からの排水や排出された大気汚染物質が原因で多くの方が被害を受けた場所もひとつやふたつではありません。
公害防止管理者は、このような苦い過去をくりかえさないようにと生まれた資格です。
有害物質を取り扱っている化学工場や大気汚染、水質汚染を起こす可能性のある工場には選任が義務付けられています。
また、技術士、計量士、衛生工学衛生管理者、毒物劇物取扱主任者などの資格を持っていると、試験を受けずに講習だけ受講すれば資格が取れるものもあるのです。
また、公害防止管理者は、大気、水質、騒音、ダイオキシンなどいくつもの管理者に分かれているため、すべてを取得しようと思ったら、ある程度の時間がかかるでしょう。
ですから、今働いている場所で必要な種類だけを取得していくというケースが多いです。
 

12
公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら