公害防止管理者の過去問をチェック! 合格するための勉強法を解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

公害防止管理者とは、大気や水を汚す可能性のある物質を排出する工場や施設、騒音や粉じんを出す施設には選任が義務づけられている資格です。今回は公害防止管理者の資格を取得する方法や勉強方法、過去問等の活用方法などをご紹介します。公害防止管理者はどちらかといえばマイナーな資格ですから、受験したい方は情報集めに苦労するかもしれません。この記事には、公害防止管理者の種類や受験科目など皆様が必要としている情報がギュッと詰まっています。

  1. 公害防止管理者とはどんな資格?
  2. 公害防止管理者の資格を取得するメリット
  3. 公害防止管理者の資格を取得する方法
  4. 合格のための勉強方法
  5. 学習のコツ
  6. 合格までのスケジュール
  7. 公害防止管理者の過去問に関するよくある質問
  8. まとめ


1.公害防止管理者とはどんな資格?

まず始めに、公害防止管理者の職務内容や選任義務のある場所などをご紹介します。決して目立つ仕事ではありませんが、多くの施設や職場で必要とされているのです。

1-1.公害防止管理者の職務とは?

公害防止管理者とは、大気汚染・水質汚濁・騒音・振動等の公害を防止するため、水や空気・騒音の状態を測定したり対策を立てたりする資格です。今は、どのような工場や施設も、汚水や有害物質をそのまま大気や水の中に放出するようなことはしません。しかし、わずかずつでも有害物質が漏れだしていけば、いつか公害が発生する可能性もあるでしょう。

また、騒音や振動は出している方はなかなか気づきにくいときもあります。どちらかといえば裏方の職務ですが、一度公害が発生すれば大変なことになるので、重要な仕事です。

1-2.公害防止管理者が制定されるまでの歴史

昭和30年代~40年代にかけて、全国で工場から無造作に水や大気中に放出した有害物質により、公害病が多発しました。そのため、1970年に国会で公害対策法が制定され、翌年の1971年には特定工場における公害防止組織の整備に関する法律が制定されたのです。この法律によって誕生したのが公害防止管理者になります。現在では、毎年5,000名近くの公害防止管理者が新たに誕生し、公害防止のために職務に励んでいるのです。

1-3.公害防止管理者の種類

公害防止管理者は、大きく分けて

  • 大気関係
  • 水質関係
  • 騒音、振動関係
  • 粉じん関係
  • ダイオキシン類関係
  • 公害防止主任管理者

があります。これらの中は、さらに1種~4種、特定と一般などに分かれているのです。また、ほかの資格のように「最上位のものを取得すれば、すべての水・大気・騒音などすべての郊外の原因に対する調査ができる」というものはありません。ですから、職務で必要になったらそのつど新しい資格を取得するのが一般的です。

1-4.公害防止管理者の選任義務があるところは?

製造業、電気・熱・ガスの供給業者、ばい煙や粉じん・汚水・騒音・ダイオキシン類を排出する施設には、選任が義務づけられています。法律で定められている施設のほかに、自治体が独自の条例で「このような施設には、公害防止管理者を選任しなさい」と定めているところもあるのです。ですから、皆様が思っている以上に需要のある資格になります。なお、施設によっては「公害防止統括者」の選任が義務づけられていますが、これは公害防止管理者である必要はありません。間違えやすい専任者なので注意しましょう。

1-5.公害防止組織について

公害防止組織とは、公害防止統括者を頂点とし、公害防止主任管理者と公害防止管理者からなる組織のことです。一定規模以上の特定工場でなおかつ従業員が20人以上所属している施設では、公害防止組織の設置が必要になります。

公害防止統括者は工場長などの責任者が就くのが一般的で、特別な資格は必要ありません。公害防止主任管理者と公害防止管理者は資格が必要です。

公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら