公害防止管理者にはどのような種類があるの? 大気や水質の他には?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

公害防止管理者とは、公害を発生させる可能性のある工場や施設などに常駐し、大気・水・振動・騒音などの検査を行える資格です。公害は一度発生してしまうと収束までに長い時間がかかるうえ、被害も甚大になります。そのため、公害を発生させる可能性がある施設では、公害防止管理者の選任を義務づけているのです。

今回は、この公害防止管理者の種類について解説します。

公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら