空気環境測定の内容とは? 二酸化炭素やホルムアルデヒドの測定も必要

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

3,000平方メートル以上で、店舗や事務所などに使われる建物や8,000平方メートル以上の学校は特定建築物に指定されています。特定建築物は、ビル管理法という法律で管理方法が決められているのです。

また、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の選出が義務づけられています。今回は、法律で定められた管理項目の中の空気環境測定についてご説明しましょう。特定建築物はホルムアルデヒドをはじめとする体に有害な物質が空気中に含まれていないか測定しなければならないのです。ビル管理士の方やビル管理士の資格試験を受ける予定の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. なぜ、空気環境測定が必要なの?
  2. 空気が汚れていると大変なことになるかもしれない
  3. 空気環境測定の頻度や内容とは?
  4. 空気環境測定に関するよくある質問
  5. おわりに