空気環境測定の内容とは? 二酸化炭素やホルムアルデヒドの測定も必要

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

3,000平方メートル以上で、店舗や事務所などに使われる建物や8,000平方メートル以上の学校は特定建築物に指定されています。特定建築物は、ビル管理法という法律で管理方法が決められているのです。
また、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の選出が義務づけられています。
今回は、法律で定められた管理項目の中の空気環境測定についてご説明しましょう。
特定建築物は。ホルムアルデヒドをはじめとする体に有害な物質が空気中に含まれていないか測定しなければならないのです。
ビル管理士の方やビル管理士の資格試験を受ける予定の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. なぜ、空気環境測定が必要なの?
  2. 空気が汚れていると大変なことになるかもしれない
  3. 空気環境測定の頻度や内容とは?
  4. 空気環境測定に関するよくある質問
  5. おわりに

1.なぜ、空気環境測定が必要なの?

特定建築物は、3000平方メートル以上の面積を持つ店舗や事務所、遊戯施設などの目的で使用される建物のことです。
また、8,000平方メートル以上の学校も特定建築物に指定されています。
全国にある大規模なオフィスや百貨店などの商業施設などは、ほぼ特定建築物に指定されているでしょう。
さて、このような特定建築物の多くは、開閉できる窓がありません。
天窓から陽光が降り注ぐデザインのビルはありますが、多くの場合空調で空気を循環させたり温度管理をしたりしています。
そのため、空調設備が汚れていたり調子が悪かったりすると建物中の空気が汚れたまま循環することになるでしょう。
また、冷暖房の背って温度が高すぎたり低すぎたりしても、調子が悪くなります。
ですから、定期的に空気環境測定を行って、人が過ごすのに問題のない空気なのかを調べる必要があるのです。
また、このような特定建築物は地下にもフロアーがあることが多いでしょう。
地下は本来ならば空気が通らない場所です。ですから、空調設備が故障したり調子が悪くなったりすれば、そこで働いている人々に重大な影響が出るかもしれません。

12