多重無線設備の役割は? 操作できる資格と共に解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

多重無線設備とは、1つの伝送路で複数の情報を送ることができる無線設備の総称です。扱うには陸上無線従事者の資格が必要になります。「就職・転職のために無線従事者の資格を取りたい」と考えている人は、多重無線設備が多く使われている陸上無線技士がおすすめです。今回は、多重無線設備の使い道や操作に必要な資格について解説しましょう。

  1. 多重無線設備は複数の情報を送ることができる設備
  2. 第一級陸上特殊無線技士の定義や取得するメリット
  3. 第一級陸上特殊無線技士の資格取得方法
  4. 多重無線の資格に関するよくある質問

この記事を読めば、無線従事者の資格を取得するメリットや資格取得のための勉強方法についても分かります。無線の資格に興味がある人や無線従事者の資格取得を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。