窒素酔いの原因は何?症状と対処・予防法も具体的に解説します!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

窒素酔いはどうして起こるのか、ご存じでしょうか。
今回は、窒素酔いの原因のほかにも、代表的な症状や対処・予防法についても詳しく解説します。

  1. 窒素酔いの代表的な症状は?
  2. 窒素酔いになる原因は何?
  3. 窒素酔いになったときの対処方法は?
  4. 窒素酔いの予防方法を学ぼう!
  5. まとめ

窒素酔いについて知りたい人は、この記事をぜひ読んでくださいね。


1.窒素酔いの代表的な症状は?

窒素酔いの代表的な症状には、どんなものがあるでしょうか。
まずは、どんな症状が出るのかについてお話しましょう。

1-1.多幸感(たこうかん)が出る

窒素酔いの主な症状としては、多幸感(たこうかん)があるでしょう。
多幸感(たこうかん)とは、いつもより気分が高揚(こうよう)している状態を指します。
ダイビング中に楽しくて仕方が無いとか、自分なら何でもできる気がするなどの気分の高まりを感じるときは、窒素酔いを疑ってください。
多幸感(たこうかん)を感じるときには、すでに窒素酔いが進行している段階になります。

1-2.方向感覚を失う

窒素酔いになると、水中での方向感覚を失います。
自分では浮上しているつもりでも、実は深く潜(もぐ)っている途中であることもあるでしょう。
また、自分が今どこにいるのかがわからなくなることもあります。
上下左右がわからないなど、ダイビング中に方向感覚を失うことは、とても危険。
方向感覚がおかしいと感じたときは、注意してくださいね。

1-3.判断力が低下する

判断力が低下することも、窒素酔いの症状とひとつ言えるでしょう。
窒素酔いで判断力が低下すると、たちまち命にかかわる大問題に発展することもあります。
水中での判断力の低下は、死亡事故の大きな原因になるでしょう。
思考が回らないと感じたときは、窒素酔いになっている可能性が大きいです。

12