【完全理解】騒音規制法の基準は何? 資格試験対策もバッチリ伝授!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

騒音は、私たちの暮らしの質を落とす大きな原因です。特に大規模工場の周辺では、騒音による苦情があると企業活動にも影響します。そのため、企業は騒音規制法に従って、適切な対策する必要があるのです。そこで、騒音規制法についての正しい知識を持った人材として公害防止管理者の資格取得者が必要となります。今回は、騒音規制法の基準などの基本を学ぶとともに、公害防止管理者の資格試験対策もしっかり解説することにしましょう。将来の仕事として考えている人も、資格取得を具体的に考えている人も、ぜひ読んでみてください。

  1. 騒音規制法について
  2. 騒音規制法の対象とは
  3. 騒音規制法の決まりごとを学ぼう
  4. 騒音規制法に関係する資格について
  5. 騒音規制法についてよくある質問

記事を読み終えるころには、騒音規制法に関してエキスパートとなっていることでしょう。企業にとって騒音規制法の対策は、重要かつ急務です。必要な人材となって活躍するためにも、ぜひ記事の内容を参考にして資格取得にチャレンジしてください。一生仕事に困らないためにも、資格取得は大きなメリットがありますよ。そのためにも、まずは記事をじっくり読んで基本的な知識を身に付けてください。


1.騒音規制法について

まずは、騒音規制法について基本的なことを学びましょう。概要・目的・できた背景や各都道府県の関連条例などを詳しく解説します。

1-1.騒音規制法の概要

騒音規制法とは、騒音規制に関する国の法律で昭和43年6月に制定となりました。産業の発展に従い、特定の工場や施設・状況における騒音問題は放置しておけないレベルとなったため、規制する法律が必要だったのです。法律で騒音基準を設定することは、企業にと近隣住民の両方にとってメリットが大きいと言えます。

1-2.騒音規制法の目的とは

騒音規制法の目的は、近隣地域の環境保全と住民の暮らしを快適に守ることです。たとえば、工場も業種や規模によっては大きな騒音を発生します。企業活動のために仕方が無いとはいえ、近隣住民にとっては大問題です。そこで、法律を定めることで企業が基準以上の騒音を出すことが無いように規制をすることが必要になります。騒音規制法は、近隣住民に対して毎日をおだやかに暮らす権利を守っているものであると考えましょう。

1-3.騒音規制法ができた背景

国にとって、国民の健康や安全を維持することは大切な仕事です。しかし、産業の発展も重要となります。産業の発展を後押ししつつも、国民の健康や安全を保障するためには決まりごとが必要です。それに、すべての騒音を規制することはできなくても法律で基準を定めることは明らかに大きな効力であると言えます。騒音規制法は、産業の発展を推し進めるためには、必要不可欠だったのです。

1-4.騒音規制法に関連する都道府県の条例

騒音規制法と関連して、各都道府県では環境保護条例を設定しています。環境保護条例とは、地域ごとの特性を考えて環境破壊や迷惑行為の防止などを規定した条例です。たとえば、環境保護条例で指定を受けた場合は地域や時間によって基準以下の騒音に抑えるようにする義務があります。一例として、以下も参考にしてください。

埼玉県の騒音・振動の規制に関する説明ページ

公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら