第一級陸上特殊無線技士を目指す人へ!資格取得に必要な知識を伝授!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今、第一級陸上特殊無線技士を目指す人のために、必要な知識や資格取得のコツをまとめました。第一級陸上特殊無線技士になるには、どうすれば良いのか詳しく解説しています。本気で資格取得を目指すなら、ぜひ読んでくださいね。

  1. 第一級陸上特殊無線技士とは
  2. 第一級陸上特殊無線技士のメリットを学ぼう
  3. 陸上特殊無線技士の種類を学ぼう
  4. 第一級陸上特殊無線技士の資格取得について
  5. 第一級陸上特殊無線技士取得のための勉強法
  6. 第一級陸上特殊無線技士に関するよくある質問

第一級陸上特殊無線技士の資格取得は、仕事の範囲を広げることができます。効率よく勉強をして資格を取得するためにも、今回の記事はとても有益ですよ。


1.第一級陸上特殊無線技士とは

最初に、第一級陸上特殊無線技士とはどんな資格なのかについて学びましょう。基本を学ぶことで、資格取得の意味を認識してください。

1-1.第一級陸上特殊無線技士の定義を確認しよう

第一級陸上特殊無線技士とは、陸上無線技士の下位資格のひとつになります。分類としては、無線従事者の種類となると考えましょう。第一級陸上特殊無線技士の管轄は、総務省となります。第一級陸上特殊無線技士は、陸上特殊無線技士の中でも上位資格と考えてください。

1-2.第一級陸上特殊無線技士が準拠する法律

第一級陸上特殊無線技士は、電波法によって規定があります。電波法とは、昭和25年に制定になった法律であり、電波の公平かつ能率的な利用を促進する目的のために存在すると覚えておきましょう。ちなみに、第一級陸上特殊無線技士は平成元年の電波法改正から制定になったことも特徴となります。

1-3.第一級陸上特殊無線技士の職務内容

第一級特殊無線技士の職務内容については、以下を参考にしてください。

  • 警察無線や鉄道無線など陸上移動系無線局での技術操作
  • 携帯電話関連会社での技術操作
  • 衛星通信超小型地球局やHUB局での技術操作
  • 中継局などのテレビ局での技術操作
  • 陸上のレーダーに関する技術操作
  • 自治体防災無線局など多重無線設備を使用した固定局での技術操作
  • 登録点検事業者の点検や登録点検事業者制度に基づく無線設備等の点検

第一級陸上特殊無線技士は、あらゆる無線局で技術操作を行うことができる資格です。職務内容も広範囲となるので、しっかり覚えてください。

1-4.第一級陸上特殊無線技士の必要性

第一級陸上特殊無線技士は、無線局や基地局の管理には必ず必要となる資格です。スマートフォンの普及により、無線技術の利用促進が急速に拡大している今、無線局や基地局の運営やトラブル発生時の対応など、速やかに行うことができる人材として重要視していることを覚えておきましょう。情報化社会にとって、第一級陸上特殊無線技士は必要不可欠な存在なのです。