ボイラー取扱作業主任者とは?ボイラー関連の資格取得に必要な知識

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「就職・転職に有利だから」「キャリアアップに役立てたい」など、ボイラー技士やボイラー整備士といったボイラー関連の資格取得を考えている人は多いでしょう。ボイラー関連の資格は簡単に取得できるわけではありません。甘く見ていては時間や費用を無駄にしてしまいます。そこで、ボイラー取扱作業主任者とは何なのか詳しく説明しましょう。

  1. ボイラー取扱作業主任者とは
  2. ボイラー取扱作業主任者に必要な資格
  3. ボイラー取扱作業主任者の選任基準
  4. ボイラー取扱作業主任者の職場、就職について
  5. 1級、2級ボイラー技士の試験について
  6. 特級ボイラー技士とは
  7. ボイラー取扱技能講習について
  8. ボイラーに関してよくある質問

この記事を参考にすれば、ボイラー取扱作業主任者になるための必要な資格や基礎知識、試験対策について知ることができます。ボイラー取扱作業主任者について知りたい方、ボイラー関連の資格を取りたい方は必読です。


1.ボイラー取扱作業主任者とは

一定以上のボイラーの設置・取扱場所には必ずボイラー取扱作業主任者を選任しなければなりません。では、ボイラー取扱作業主任者とはどんなものなのでしょうか。

1-1.作業主任者とは

労働安全衛生法により労働災害防止のために定められた制度が「作業主任者」です。作業主任者は主任者となるための技能講習修了した者、免許を受けた者を指しています。主に、労働災害を防止するための管理が必要となる事業場では、作業主任者を選任しなければなりません。作業主任者の免許にはボイラー取扱作業主任者のほかに、ガス溶接・高圧室内・林業架線・エックス線・ガンマ線透過写真撮影などがあります。

1-2.ボイラー取扱作業主任者について

ボイラー取扱作業主任者は作業主任者の中で「ボイラー」の取り扱いに特化した者のことです。ボイラー取扱作業主任者に選任されるためには、特級・1級・2級のボイラー技士免許を取得しているか、または、ボイラー取扱技能講習を修了しなければなりません。

1-3.ボイラー取扱作業主任者の職務

ボイラー取扱作業主任者の職務は、主に10の項目にわけられます。

  • 圧力、水位および燃焼状態の監視
  • 急激な負荷の変動を与えないようにする
  • 安全弁の機能保持
  • 最高使用圧力を超えて圧力を上昇させない
  • 1日1回以上、水面測定装置の機能点検
  • 適度に吹き出しをおこない、ボイラー水の濃縮を防ぐ
  • 給水装置の機能保持
  • 低水位燃焼や断装置、火災検出装置などの自動制御装置の点検・調整
  • ボイラーに異常が見られたときは必要な措置する
  • 排出されるばい煙の測定濃度、ボイラーの取り扱いにおける異常の有無の記録

1-4.ボイラー取扱作業主任者の必要性

ボイラーには温水・蒸気・灯油などの種類があります。ボイラーの構造によっては誤った運転で爆発を起こす可能性もあるのです。ボイラー技士を取得しなければ取り扱いできない種類が多数あります。ボイラー取扱作業主任者は安全・安心を確保するための必要な資格になるのです。