【絶対合格】労働安全コンサルタントの口述試験対策を徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

企業にとって、労働者の安全管理を徹底することは義務です。しかし、適切に管理をしたり改善をしたりするためには、専門の知識を持った労働安全コンサルタントが必要になります。

そこで、労働安全コンサルタントについて知りたい人のために、資格の概要や試験について詳しくまとめました。特に、労働安全コンサルタントの口述試験対策を中心として合格するために必要な知識を解説します。本気で労働安全コンサルタントの資格を取得したい人は、ぜひ読んでみてください。

  1. 労働安全コンサルタントとは?
  2. 労働安全コンサルタントの資格について
  3. 労働安全コンサルタントの試験について
  4. 労働安全コンサルタント試験の口述試験とは?
  5. 労働安全コンサルタントに関するよくある質問

記事を読んだ人は、労働安全コンサルタントの試験対策で有利になります。特に、口述試験が不安な人にとっては役に立つ内容です。試験に合格するためには、何よりも自信を持って臨むことが大切と言えます。基本を身に付けておくと、試験本番も自信を持って臨むことができて有益ですよ。


1.労働安全コンサルタントとは?

労働安全コンサルタントについての基本を学びましょう。定義や準拠する法律だけでなく、目的や必要性などにも触れます。

1-1.労働安全コンサルタントの定義

労働安全コンサルタントとは、事業場の労働安全や労働衛生の水準を維持したり向上したりするための専門家となります。管轄は厚生労働省で、国家試験に合格することが資格取得の条件です。専門知識を持った労働安全コンサルタントが職務に当たります。

1-2.準拠する法律

労働安全コンサルタントは、労働安全衛生法に準拠しています。また、労働安全衛生法では、労働安全コンサルタントの登録や業務についての規定があることを覚えておきましょう。労働安全コンサルタントを名乗って職務に当たるためには、資格試験に受かっただけでは不十分であり正式な登録が必要です。

1-3.労働安全コンサルタントの目的や必要性

企業活動を健全に進めるためには、職場の環境を整えたり労働者の安全を確保したりする必要があります。業務内容によっては爆発や感電など危険な作業を伴うことからも、状況診断・改善を行うために専門知識が不可欠です。そこで、労働者の職場環境や安全への配慮に関して客観的な視点を持った人材として、労働安全コンサルタントは必要となります。

1-4.労働安全コンサルタントの職務

職務内容については、下記をご覧ください。

  • 職場の労働安全状況の診断および指導
  • 職場の労働安全状況の改善
  • 安全管理者の教育

なお、職務の実施に関しては「守秘義務」があるため、違反をすると懲役1年以下もしくは100万円以下の罰金となります。

1-5.労働安全コンサルタントの就職や求人について

労働安全コンサルタントの資格取得者は、労働安全に関する知識が豊富にあることから就職や転職に有利になることは明らかです。面接のときにも強力なアピール材料となるでしょう。ただし、企業に勤務するよりも独立してフリーランスとなる人も多くなります。複数の企業と契約を結ぶことで、専門知識を生かしながら働くパターンですね。もちろん、一般企業からの求人もありますが、こまめにチェックして優良案件を見逃すことが無いようにしましょう。

1-6.労働安全コンサルタントの年収について

労働安全コンサルタントの年収は、会社に所属しているか独立しているかで変わってきます。コンサルタント会社に勤務し、資格を活用して働く場合は年収400万円代が平均です。一方独立して事務所を構えた場合、顧客をたくさん抱えることができれば年収1,000万円台も可能でしょう。ただし、労働安全コンサルタントの資格だけでは顧客獲得が難しいことも多いため、社会保険労務士など他の資格を取得し、多方面から労働環境について相談に乗れるようにしている方もいます。