杭基礎の種類や工法について~建築施工管理技士を目指している方へ~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

一般建築業や特定建築業の許可基準において、営業所や現場には必ず“建築施工管理技士”を置かなければなりません。建築施工管理技士になるには建築に関係する幅広い知識が必要です。

そこで、今回は杭基礎の種類や工法、設計や注意点など詳しく説明します。建築施工管理技士を目指している人や杭基礎について知りたい人はぜひ参考にしてください。

  1. 杭基礎の種類
  2. 杭基礎の工法
  3. 杭基礎の設計や注意点
  4. まとめ

1.杭基礎の種類

構造物を建設する際、地盤をしっかり固定しておかなければなりません。しかし、場所によっては軟弱な地盤になっているケースがあります。軟弱な地盤を固定するために大活躍するのが“杭基礎”です。それでは、杭基礎とは何なのか、種類について詳しく説明していきましょう。

12