管工事施工管理技士試験で、経験記述が難しい理由。その対策方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

施工管理技士とは、建築工事の現場で施行・安全の管理や技術者の監督・指導を行うことができる国家資格です。電気や土木・建築・管工事などの種類があり、取得すれば出世や昇給が有利になるだけでなく、転職にも役立つでしょう。会社から資格取得をすすめられることもあり、取得目指して頑張っている人も多いと思います。その一方で、施工管理技士の試験はなかなか難しく、特に実地試験の経験記述の勉強に苦労している人もいるでしょう。
そこで、今回は管工事施工管理技士試験のうち、経験記述を中心に解説をします。

  1. 管工事施行管理技士の基礎知識
  2. 試験の特徴と経験記述の対策について
  3. SATの経験記述添削サービスがおすすめな理由
  4. 管工事施工管理技士の経験記述に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、勉強のコツもよく分かるでしょう。おすすめの教材も紹介します。管工事施工管理技士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.管工事施行管理技士の基礎知識

はじめに、管工事施工管理技士とはどのような資格かということや、取得方法、試験内容などを解説します。資格を取得すればどのようなメリットがあるのでしょうか?

1-1.管工事施工管理技士とはどのような資格?

前述したように、管工事施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の一種です。管工事とは、上下水道や空調など空気や水が通る管を設置したり取り除いたりする工事全般を指します。管工事施工管理技士を取得すれば、管工事を行う工事現場で施工管理や安全管理、品質管理を任されるほか、技術者の指導を行うことも可能です。また、管工事を行う工事現場に必ず選任しなければならない、主任技術者や、監理技術者になることができます。管工事を生涯の仕事とする場合は、ぜひ取得しておきたい資格です。

1-2.資格の種類

管工事施工管理士の資格区分には、1級と2級があります。行うことのできる仕事に区別はありません。ただし、2級を取得しても、下請契約の請負代金総額が4,000万円以上(建築一式工事は6,000万円以上)、の工事に選任が義務づけられる、監理技術者の選任を受けることは不可能です。ですから、2級取得者は主に中小規模の工事現場で主任技術者として働いています。1級を取得すればより大きな工事現場で施工管理を任されるようになるため、仕事の幅も広がり、昇給や昇進のチャンスも上がるでしょう。2級を取得できたら、ぜひ1級にチャレンジしてみてください。

1-3.資格取得方法

管工事施工管理士を取得するには、全国建築研修センターが主催する試験を受け、合格する必要があります。なお、一定の実務経験がなければ受験ができませんので注意しましょう。実務経験の長さは学歴によって異なるので、詳しくはセンターのホームページを確認してください。
試験内容は、学科試験と実地試験です。学科試験は機械工学・施工管理法・法規の3科目の択一式問題、実地試験は施工管理法の記述問題になります。合格点はそれぞれ6割以上です。
1級の場合は、学科試験に合格した人だけが実地試験を受けられます。2級は、学科試験と実地試験が同日に行われますが、学科試験が合格点に達していない場合は、実地試験は採点されません。また、学科試験に合格し、実地試験に不合格だった場合は、学科試験が1年に限って免除になります。

12