管工事施工管理技士試験で、経験記述が難しい理由。その対策方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

施工管理技士とは、建築工事の現場で施行・安全の管理や技術者の監督・指導を行うことができる国家資格です。電気や土木・建築・管工事などの種類があり、取得すれば出世や昇給が有利になるだけでなく、転職にも役立つでしょう。会社から資格取得をすすめられることもあり、取得目指して頑張っている人も多いと思います。その一方で、施工管理技士の試験はなかなか難しく、特に実地試験の経験記述の勉強に苦労している人もいるでしょう。
そこで、今回は管工事施工管理技士試験のうち、経験記述を中心に解説をします。

  1. 管工事施行管理技士の基礎知識
  2. 試験の特徴と経験記述の対策について
  3. SATの経験記述添削サービスがおすすめな理由
  4. 管工事施工管理技士の経験記述に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、勉強のコツもよく分かるでしょう。おすすめの教材も紹介します。管工事施工管理技士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。