【必見】ビル施設管理の仕事とは?ビル管理関連資格を取得しよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビルなど大きな施設には専門知識・技術を持っている有資格者が重宝されます。一般住宅とは違う施設・設備だからこそ専門的な知識が必要です。ビル施設管理で役立つ資格にはボイラー技士・建築環境衛生管理技術者・電気主任技術者・ビル設備管理技能士などがあります。ビル施設管理とは何なのか・必要な資格・仕事内容など詳しく説明しましょう。

  1. ビル施設管理とは
  2. ビル施設管理の仕事について
  3. ビルの施設管理をするには
  4. ビル施設管理の資格習得について
  5. ビル施設管理に関してよくある質問

この記事を読むことで、ビル施設管理をするための必要な知識を身につけることができます。ビル施設管理について知りたい方・資格を取りたい方は必見です。


1.ビル施設管理とは

ビル施設管理・ビルメンテナンスのことを省略して「ビルメン」と呼ばれています。そもそもビルメンとは一体どんな内容なのでしょうか。ビルメンの主な職場・仕事内容・必要性など詳しく見ていきます。

1‐1.ビル施設管理(ビルメン)の主な職場・仕事内容

ビルメンの主な職場はビル管理会社になります。ビル全体を管理している会社に勤め、担当するビルの施設管理をおこなうことになるでしょう。主な仕事内容は「ビル施設管理の保守点検」から「テナント・業者との交渉」「オーナーとテナントの橋渡し」があります。複数のテナントが入るビルだからこそ、やり取りが大切なのです。

1‐2.ビル施設管理の必要性

大型施設のビジネスビルや商業ビルで利用者が快適に過ごせるのは、ビル施設管理をおこなっているからこそです。多くの人が出入りしている場所なので、徹底的に管理しなければなりません。多くのビルが出入りするほど汚れや老朽化が目立ちます。清掃・空調・ボイラーなど全体のビル管理をおこなうビル施設管理者は必要不可欠な存在といってもいいでしょう。ビル施設管理者はビルに設置している機械や電気・電気通信の知識はもちろんのこと、コミュニケーション能力や冷静なトラブル対処など、あらゆる能力が必要とされます。

1‐3.ビルの管理義務とは

「建築物における衛生的環境の確保に関する法律(通称:ビル管理法)」に基づいて、ビル管理技術者にはビル管理が義務づけられています。原則、ビル管理義務が課せられるのは1つのビルにつき1名です。ビル管理技術者はテナントや利用者からのクレーム対応・問題対処などビルの監督をおこなう役割を果たさなければなりません。ビルの管理義務には、受水槽の清掃・水質検査・空気環境測定・定期的点検などが含まれています。

1‐4.ビルメンの給与・求人について

ビルメンの給与・求人について気になっている方は多いでしょう。ビルメンの平均給与は年収350万~700万円です。ビルメンとしての経験を積めば積むほど昇給が期待できます。経験が豊富な人は大きい仕事も安心して任せられるものです。また、オフィスビルや商業施設が多い都市部では、ビル施設管理者の求人が増えてきています。2020年の東京オリンピック開催に向け、高度経済成長期に建てられたビルを見直すところが増加中です。不動産価値をあげるためにも、改修工事が必要であり、計画を立てるビルメンが必要とされています。